コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メヒシバ

百科事典マイペディアの解説

メヒシバ

イネ科の一年草。世界の熱帯〜暖帯に広く分布し,日本全土の路傍畑地にきわめて普通にはえる。茎は基部が地をはい,上部は直立して,高さ30〜90cm。葉は線形で柔らかい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メヒシバ【crabgrass】

畑地,荒地,路傍,野原などいたる所に普通にみられるイネ科の一年草(イラスト)。ジシバリともいう。茎は根本から数本に分かれて地上をはって広がり,上部は枝分れしながら立ち上がり,高さは約30~80cm。葉は線状の披針形で薄く,長さは8~20cm,幅は5~15mm,葉鞘(ようしよう)は無毛かまたはあらく開出した毛がある(これをアラゲメヒシバと呼ぶ)。7~11月に,茎の頂に花序を出す。花序は3~8個の細い枝をひじょうに短い中軸上にやや放射上に斜上した散房花序で,枝の長さは5~15cmである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メヒシバ
めひしば / 雌日芝
[学]Digitaria ciliaris (Retz.) Koel.

イネ科の一年草。稈(かん)は基部が地面をはい、枝分れし、高さ10~50センチメートル。7~11月、稈頂に掌状の総状花序をつくり、小花穂を3~8本つける。小花穂の中軸は長さ5~15センチメートル、幅約1ミリメートルで縁(へり)はざらつく。小穂は小花が2個あり、第1包穎(ほうえい)は微小。畑に普通に生え、日本、および世界の熱帯から暖帯に分布する。名は、オヒシバ(雄日芝)に対応して、全体が細く柔らかいことによる。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメヒシバの言及

【アッケシソウ(厚岸草)】より

…葉は著しく退化しており,対生する1対の葉が高さ0.6mm程度の膜状の筒に変形している。筒状の葉が棒形の茎に並ぶ様子は甲殻類の脚の関節を思わせ,イギリスではcrab‐grassの名がある。花は秋に筒状の葉の腋(えき)に3個ずつつくが,小さく目立たない。…

※「メヒシバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メヒシバの関連キーワードモザイク病(トウモロコシ)褐条べと病(トウモロコシ)いもち病(トウモロコシ)オヒシバ(雄日芝)メヒシバ(雌日芝)キマダラセセリローズグラス雌芝・女芝コメヒシバ毛雌ひしばオヒシバ相撲取草地縛りヒ素剤雄日芝ひじわ相撲草雌陽皺植生遷移

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android