コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メランプス Melampus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メランプス
Melampus

ギリシア神話の予言者。イオルコスを創建したクレテウスの息子アミュタオンがエイドメネと結婚してもうけた子で,生後すぐ日陰に置かれたとき,両足だけが日光にさらされ黒くなってしまったことから,「黒足」を意味するこの名を与えられた。幼時にへびの死体を見て,これを葬ってやったところが,感謝した子へびが夜眠っている間に彼の耳をなめ,それによって鳥獣や虫の言葉が解せるようになった。この能力のおかげで多くの奇跡を行なって,予言者として名声を博した。アルゴス王プロイトスに,ディオニュソスによって狂気にされた娘たちの治癒を依頼されると,プロイトスの王国の3分の1を自分に,3分の1を兄弟のビアスにもらうことを条件に,王女たちをなおし,領国のほかに王女の一人イフィアナッサを妻に与えられたという。テーベに向う7将の一人のアンフィアラオスは,この夫妻の後裔にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メランプス

ギリシア伝説の予言者。幼少のとき,助けた蛇に耳をなめられて鳥獣の言葉を理解できるようになった。のちティリュンスの王女の狂気を治して王国の3分の1と王女を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メランプス【Melampous】

ギリシア伝説の予言者。その名は〈黒足〉の意。命を救ってやった子蛇に耳をなめられたおかげで,あらゆる鳥獣の言葉を解するようになった彼は,兄ビアスBiasの依頼で,ピュロス王ネレウスの娘との結婚に必要な家畜持ちのフュラコスPhylakosの雌牛を奪いに出かけたが,捕らえられて牢に入れられた。しかし獄中で,虫どもが梁(はり)をあらかた食いつくしたと話しているのを聞いたので,近々,牢の屋根が落ちると予言したところ,はたしてそのとおりになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メランプス
めらんぷす
Melampus

ギリシア神話の大預言者、また占い師。彼は親を殺された子蛇を養っていたが、睡眠中にこの蛇に耳を舐(な)められて、虫や鳥、獣(けもの)の話を解する能力を得た。さらにアポロンからは預言術を授けられ、薬草学をも修めた。あるとき、兄弟のビアスに頼まれてテッサリアへ牛を盗みに行くが捕らえられ、フィラコス王の牢(ろう)に監禁される。一年後、牢の屋根に巣くう木食い虫の会話を聞いてほかの牢にかえてもらったとたん、彼の元の牢の天井は崩れ落ちた。その預言力に驚いた王は彼を解放し、息子に子ができないわけを尋ね、彼は禿鷹(はげたか)から秘密を聞き出してその治療法を教えてやる。その礼にもらった牛は、ビアスに婚資として与えた。
 のちにティリンス王プロイトスが、精神に異常をきたした3人の娘の治療を依頼するが、その報酬として彼は王国の3分の1を要求したため、王は拒否する。しかしさらに病者が増えたので、ふたたびメランプスが呼び出された。彼は初めの3分の1のほかに、今度はビアスのための3分の1も約束させて彼女たちの病を治してやり(1人は死亡)、彼ら兄弟は2人の娘と結婚した。なお、テバイ(テーベ)攻めの七将のなかの預言者アンフィアラオスは、メランプスの玄孫にあたる。古代には叙事詩『メランプス物語』がつくられたが、散逸してわからない。[中務哲郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のメランプスの言及

【向精神薬】より


[向精神薬の歴史]
 精神病を薬で治したという最も古い記録はギリシア神話にみられる。プロイトスProitosの娘たちが女神ヘラの怒りにふれて精神異常になったとき,予言者メランプスがヘリボリと称する薬を飲ませ,アルカディアの泉で水浴びさせてこれを治した,という。これは抗精神病薬というよりも下剤の一種であり,暗示効果をねらったのであろう。…

※「メランプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メランプスの関連キーワード向精神薬

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android