コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリスマ メリスマ melisma

5件 の用語解説(メリスマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メリスマ
メリスマ
melisma

音楽理論用語。声楽曲で歌詞の1音節に多くの音符があてられる装飾的な旋律法。元来グレゴリオ聖歌の作曲法として用いられた。のちにグレゴリオ聖歌におけるほど多くの音符でなくても,多くの音符をあてるものをメリスマ的旋律法というようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メリスマ(〈ギリシャ〉melisma)

歌詞の一音節に多数の音符を当てて装飾的に歌う声楽の様式。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メリスマ

本来は歌を意味するギリシア語。声楽において,歌詞の1音節(シラブル)に対して複数の音をあて,装飾的に表情豊かに歌うもの。メリスマ的様式(メリスマ型)は,それに対する1音節1音符のシラビック様式(シラブル型)とともに声楽旋律上の2大類型をなす。
→関連項目ニーグンラインドゥール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

メリスマ【melisma】

声楽の技巧の一。歌詞の一音節を多数の異なる音で装飾的に歌うもの。元来はグレゴリオ聖歌に関する用語。日本を含む東洋音楽に多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メリスマ
めりすま
melisma ギリシア語 英語 フランス語
Melismaドイツ語

音楽用語。「歌」ないし「旋律」を意味するギリシア語に由来し、グレゴリオ聖歌以後の西洋の声楽において歌唱様式の一つをさす用語として使われてきた。一音節に対して旋律上の一音を与えるシラビック様式と対概念をなし、一音節に数個以上の音を与える装飾的な歌い方をメリスマ様式とよぶ。東方起源のアレルヤが豊かな装飾音型でもって流れるような旋律線を強調していたのがしだいに様式区分の意識を生み、さらにオルガヌムにおいて明確な対照化が達成された。両様式の中間的な存在であるネウマ型は1音節に2~3音を与えるもので、これをメリスマの一種とみなすこともできる。西洋以外の声楽にも表面的には類似した現象が多数聞かれるため、一括してメリスマという概念でくくることも比較音楽学の初期には行われていたが、一見装飾的ではあっても西洋の場合とは違って旋律の骨格をなすことが多いため、現在ではそれぞれの文化の用語を尊重するのが普通である。たとえば、日本の歌唱技法の一つコブシ(小節、子節)は、ゆったりとした旋律装飾に加えて細かなユリやアタリを施すことを強調しているし、類似のことがモンゴルのチンメゲレルやインド古典のガマカといった概念にも当てはまる。しかし、細部はいずれも本質的に異なる表情を旋律線に与えている。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メリスマの関連キーワード教義ギリシアフュシスポイエシス唯物論多島海ヘリコプターテオリアガスムロスディプテュコン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone