コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メロエ Meroe

デジタル大辞泉の解説

メロエ(Meroe)

スーダン北部、ナイル川沿いにある都市遺跡。紀元前6世紀から後4世紀頃までクシュ王朝の都として栄えた。都市の遺構のほか、多数の小型ピラミッド群や神殿などが見られる。2011年、「メロエ島の考古学遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

メロエ

アフリカの古代国家,またその都の称。前6世紀ころから,ヌビアナパタ王国を受け継いで栄えたが,後4世紀初め,エチオピアのアスクム王国に滅ぼされた。遺跡はスーダンのハルツームの北東約150kmにあり,ピラミッド,アメン神殿,イシス神殿などがある。
→関連項目クシュ王国ヌビア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メロエ【Meroe】

前6世紀ころから後4世紀ころまで,スーダン北部で繁栄した王国,またはその都を指す。遺跡はナイル川の第5急湍と第6急湍との間の東岸に位置する。20世紀初頭以来,幾度かの発掘調査により,広大な市街地墓地とが明らかにされている。市街地の調査は一部がなされただけであるが,周壁に囲まれた王宮,アメン神やイシス女神にささげられた神殿,住居址などが発見されている。墓地は,市街地の東の丘陵上に営まれた。一般人は円墳に埋葬され,王族はピラミッドやマスタバ墳に葬られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のメロエの言及

【クシュ王国】より

…王や王妃はナパタの近くに葬られ,対岸のジェベル・バルカルには多くの神殿がつくられて,宗教の中心として栄えた。 前6世紀の中ごろ,クシュKushは首都をアトバラ川とナイル川の合流点近くのメロエに移し,非常に繁栄した。この遷都の理由としては,メロエが雨に恵まれていたこと,アトバラ川による隊商ルートに沿っていたこと,鉄鉱石や燃料の樹木があって鉄の溶鉱と鉄器製作を行うことができたこと,などがあげられる。…

【スーダン】より

…クシュはナイル川第2急湍以南地域の総称)が始まる。前750年ころにエジプトをも占領,1世紀にわたり第25王朝を樹立したクシュ王国は,前6世紀半ば,第4急湍付近のメロエに首都を移し(以後メロエ王国と称す),エジプトの影響を脱して独自のブラック・アフリカ的文化の特性を強めた。この頃,すでに乾燥期に入って完全に砂漠化したサハラから,諸民族の牛の群れを伴った南への移動が始まり,彼らはサハラ南縁の半砂漠地帯からスーダン南部のナイル川流域大湿原にまで自然環境に順応して住みついていった。…

※「メロエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メロエの関連キーワードメロエッタ(ステップフォルム)メロエッタ(ボイスフォルム)ムサワラット・エス・スフラヌビア(アフリカの地名)メロエ島の古代遺跡群シャマーリーヤ州エザナ王の石碑メロエ遺跡アフリカ史メロエ文字アトバラメロエ語カンダケ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android