コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モダマ(藻玉) モダマEntada phaseoloides; sea bean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モダマ(藻玉)
モダマ
Entada phaseoloides; sea bean

マメ科の大型の常緑つる植物。屋久島以南のアジアや太平洋諸島の海岸林中に生える。幹は直径 30cmに達するものがある。葉は互生し,2回偶数羽状複葉で長さ 20~30cmになり,2対ある羽片にはさらに各2対の小葉が対生するので,計 16枚の小葉をもつ。葉軸の先端は長く伸びてふたまたに分れた巻きひげとなる。春,腋生の細長い穂状花序を出し,黄緑色の小花を密生する。花には柄がなく,長さ 6mm内外,5個の花弁はへら形をしていて蝶形花にはならない。莢 (豆果) は大型で木質,暗褐色光沢があり,長さ 1m以上,幅 10cmにも達して曲り,種子ごとにくびれがある。種子は直径5~7cmもの平たい円板状で,美しい褐色の光沢があるので細工物装飾品に利用される。長期間海上に漂流しても発芽力があり,海流によって分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モダマ(藻玉)の関連キーワードマメ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モダマ(藻玉)の関連情報