モニエ(英語表記)Monnier, Henri Bonaventure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モニエ
Monnier, Henri Bonaventure

[生]1799.6.6. パリ
[没]1877.1.3. パリ
フランスの漫画家,劇作家。風刺漫画家として大きな人気を得,『官庁風俗』 Mœurs administratives (1828) ,『おしゃれ女工』 Grisettes (29) などの傑作がある。劇作家としては,通俗喜劇『乞食』 Les Mendiants (29) でデビュー。軽妙辛辣な作品を得意とし,ブルジョアの俗物の典型ジョゼフ・プリュドムを創造した『プリュドム氏盛衰記』 Grandeur et décadence de M. Joseph Prudhomme (53,改作を重ね『プリュドム氏回想録』〈57〉として完成) によって名声を得た。ほかに『都会と田舎の風景』 Scènes de la ville et de la campagne (41) ,『ばか者たちの宗教』 La Religion des imbéciles (62) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モニエ

フランスの技術者。ブーローニュの庭師だったが,金網入りコンクリートの植木鉢を考案し,特許を得た(1867年)。さらに鉄筋コンクリート製枕木(まくらぎ)の特許を取得(1877年)。のちドイツの会社にこの特許を売ったので,鉄筋コンクリート技術はドイツを中心に発達した。
→関連項目ワイス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モニエ【Joseph Monier】

1823‐1906
フランスの技術者で鉄筋コンクリート工法の発明者。庭師であったが,植木ばちの耐久力を増すために金網にコンクリートを流し込むことを考案し,1867年に特許をとり,さらに77年には鉄筋コンクリートまくら木の特許を得た。鉄筋コンクリートは圧縮力をコンクリートで,引張力を鉄筋で受けもつ構造物であり,この発明により土木建築の技術は飛躍的な進歩をとげた。彼は鉄筋コンクリートの最初の発明者ではないが,耐火床,耐震家屋,橋などをつくり,鉄筋コンクリート工法の啓発や普及にその生涯をささげた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

モニエ【Joseph Monier】

1823~1906) フランスの技術者・造園家。鉄筋コンクリートを考案、1867年に特許を取得。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

モニエ

(Joseph Monnier ジョゼフ━) フランスの技術者。鉄筋コンクリートの発明者。鉄道の枕木・梁などを製作した。(一八二三‐一九〇六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のモニエの言及

【鉄筋コンクリート造建築】より

…RC造建築ともいう。
[歴史]
 コンクリートは建築材料として古代ローマなどでも用いられていたが,鉄筋コンクリートが建築に用いられるようになったのは19世紀中ごろからで,鉄筋を入れたコンクリート製植木鉢や,鉄道まくら木で特許を得たフランスのJ.モニエは,1880年には鉄筋コンクリート造耐震家屋を試作した。その後ドイツのG.A.ワイスらが86年その構造計算方法を発表し,実際に橋,工場などを設計したため,建築全般に広く利用されるにいたった。…

※「モニエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モニエの関連情報