コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ Monumenta Germaniae Historica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ
Monumenta Germaniae Historica

中世ドイツ史料集。史家部,法律部,文書部,書簡部,古事部の5大部門に分類され,史家部は年代記史記,法律部は部族法典,国法,文書部は皇帝文書,諸侯文書,書簡部は皇帝,教皇の書簡,古事部は詩篇などを含む。 1819年 H.シュタインが設立したドイツ古史協会によって集成事業が計画され,G.ペルツ主幹となり,26年第1巻が発行された。以後 G.ワイツその他多くの著名史家の協力を得て,第2次世界大戦を経た今日まで刊行が継続されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ

ドイツ中世史の網羅的大史料集。1819年K.シュタインの発議でドイツ古史学協会が設立され,1824年ペルツGeorg Heinrich Pertz〔1795-1876〕を主幹として編集事業開始。
→関連項目モムゼン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ
もぬめんたげるまにあえひすとりか
Monumenta Germaniae Historicaラテン語

ドイツ中世に関する史料集成。プロイセン改革の指導的政治家シュタインが、政界引退後、ドイツ古史学協会を組織し、歴史家G・ペルツを事実上の編纂(へんさん)主任として1825年に史料編纂事業を開始したのが始まりである。ドイツ帝国の成立(1871)後、編纂は国家的事業とされ、G・ワイツを総裁として、組織が整えられた。第二次世界大戦後、H・ベートゲンの指導の下に、ドイツ古史学協会が再建され、その事業として史料編纂が続行されることとなった。「史書部」「法律部」「文書部」「書簡部」「古事部」の五部門に分かれ、専門学者による厳密な校訂のもと史料が刊行されるので定評がある。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカの関連キーワードシュタイン(Heinrich Friedrich Karl Reichsfreiherr vom und zum Stein)マイヤー(Theodor Mayer)ワイツ(Georg Waitz)ラッペンベルクT. マイヤージッケル古文書史学史

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android