コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノ Monod, Gabriel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノ
Monod, Gabriel

[生]1844.3.7. ルアーブル近郊アルグービル
[没]1912.4.10. ベルサイユ
フランスの歴史家。ドイツ史学の方法を導入し,1868年エコール・プラティック・デゾートゼチュードの教授となり,76年『史学雑誌』 Revue historiqueを創刊。 1905年コレージュ・ド・フランスの教授。熱烈なドレフュス派で,右翼の C.モラスの激しい攻撃を受けた。主著『メロビング王朝史料の批判的研究』 Études critiques sur les sources de l'histoire mérovingienne (1872~85) ,『フランス史の文献目録』 Bibliographie de l'histoire de France (88) 。

モノ
Monod, Jacques

[生]1910.2.9. パリ
[没]1976.5.31. カンヌ
代謝調節の機構解明に貢献したフランスの生化学者。フルネーム Jacques Lucien Monod。パリ大学理学部卒業後,1931年同大学助手,1934年助教授となる。 1936年アメリカ合衆国留学。 1945年パスツール研究所に入る。 1959~68年パリ大学教授兼任,1971年パスツール研究所所長。培地の組成を変えることによって細菌の酵素合成に変化の生じることを発見,フランソア・ジャコブと共同でその機構を研究し,1961年遺伝情報発現の調節機構に関するオペロン説を立て,この説はのちに正しいことが実証された。 1963年にはアロステリック効果を見出し,酵素反応の段階での代謝調節の機構解明に大きな前進をもたらした。 1965年,細菌における酵素合成の調節機構に関する研究により,ジャコブ,アンドレ・ルウォフとともにノーベル生理学・医学賞を受賞。 1970年,『偶然と必然』 Le Hasard et la nécessitéを著わし,分子生物学の知見を基礎とした唯物論的世界観を示して,大きな反響を呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モノ(mono)

他の外来語の上に付いて、単一の、単独の、の意を表す。「モノレール」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モノ

フランスの分子生物学者。パリ大学理学部教授兼パスツール研究所員。ガラクトシダーゼ産生機構の研究から,酵素およびウイルス合成に関する遺伝的制御機構のモデルであるオペロン説を提唱。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モノ【Jaques Lucien Monod】

1910‐76
フランスの分子生物学者。生物の示す合目的性に興味をひかれ,1937年ころより大腸菌の生育と適応的酵素合成の研究を始める。第2次世界大戦中はドイツ占領下の抵抗組織に参加する。45年パスツール研究所に入り,ルウォフAndré Michael Lwoff(1902‐94)のところで再び大腸菌のβ‐ガラクトシダーゼ生成の研究にとり組み,51年酵素は誘導物質の存在により,代謝とは無関係に誘導されることを見いだした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モノ【mono】

ギリシャ語で、単一の意。他の外来語に付いて複合語を作る。 「 -クローム」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

モノ

生年月日:1844年3月7日
フランスの歴史家
1912年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のモノの言及

【アロステリック効果】より

…1960年代のはじめに,フランスの生化学者J.モノらが提唱した生体制御の分子的機作の概念。アロalloは異なる,ステリックstericは立体構造が,という意味で,以下に述べるいくつかの具体的な実験事実の解釈として,特定の酵素の活性が,その基質となる化合物と立体構造(化学構造)上の類似性に乏しい特定の生体物質によって調節される現象を想定している。…

【遺伝子】より


[多様化する遺伝子の概念]
 遺伝子の本体や作用機構に関する研究と並んで,その作用の調節機構も研究されるようになった。F.ジャコブとJ.モノー(1961)らの研究から構造遺伝子の作用は作働遺伝子や促進遺伝子の働きにより調節されていることがわかってきた。大腸菌のLac遺伝子の場合,その作働遺伝子は他の構造遺伝子が生産するタンパク性抑制物質の結合部位であり,促進遺伝子は転写をつかさどるRNAポリメラーゼの結合部位である。…

【生命】より

…分子生物学の成立と発展により,生命を物質現象として追究する道はますます広く開けかつ深く進んでいるが,それにともない科学的成果と論者の思想的立場との交錯から,各種の生命観的議論がまた新たに生じている。そのなかでJ.モノの著作《偶然と必然》(1970)は著者独自の機械論的見解を述べたものとしてとくに議論の対象になった。 現代生物学(医学などを含め)では生物一般および人間の生命がすでに広範に操作の対象になっており,生命操作の倫理の確立が重要な課題として提起されている。…

【分子生物学】より

…タンパク質が固有のアミノ酸配列をもち,特異な機能を発現する前提として,タンパク質が遺伝情報をもとにいかにして合成されるかという基本問題が次なる研究課題となった。1961年にフランス・パリ学派のF.ジャコブとJ.モノーがオペロン説を提唱し,酵素の誘導合成の遺伝的調節の様式が示され,分子生物学は一つの頂点に立った。ついで,メッセンジャーRNA,転移RNA,リボソームなどタンパク合成に関与する主要因子が明らかになる過程で,クリックなどによって遺伝暗号が解かれ,遺伝情報発現のセントラル・ドグマが確立した。…

【目的論】より

…このような動向は,20世紀に入って,サイバネティックスの出現による〈機能〉の概念の大幅な拡張が,また分子生物学の発展による生命現象の解明の飛躍的な進歩によって,いっそう促進されたといえる。分子生物学者のJ.モノは,従来目的論的なものとみなされていた生命の複製や自動調整の機能をすべて機械的に解き明かし,生命の発生を偶然に帰せしめる思考の方向を示唆して,偶然の概念と目的論のかかわりについての新たな解決を試みている。とはいえ,以上のような生物学を主とする自然科学の動向で,旧来の目的論をめぐる問題にすべて片がついたわけではない。…

※「モノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モノの関連キーワードシトクロムPmonoblock stroboインターネット・オブ・シングスGUM デンタルペーストこどもホワイト&ホワイト ライオンフェニルアラニン水酸化酵素グリセリン脂肪酸エステルモノブロックフラッシュマグネチックモノポールプロテロテクティック島根デザイン専門学校フェニルアラニナーゼリシンオキシダーゼアシルグリセロールmonoデジタルミリストレイン酸モノマニアックハートナップ病磁気モノポールMonoMax

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モノの関連情報