コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラル・ハザード モラル・ハザードmoral hazard

翻訳|moral hazard

4件 の用語解説(モラル・ハザードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モラル・ハザード
モラル・ハザード
moral hazard

道徳的危険と訳される。損害保険の用語で,保険契約者被保険者保険事故を人為的に発生させるような危険のこと。保険契約者の人格,精神状態や経済環境により生じる。たとえば,火災保険の保険契約者が放火の常習者であるような場合にモラル・ハザードが存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モラル・ハザード

本来は〈道徳的危険moral hazardという保険用語で,被保険者の保険加入によって危険事故の発生する確率がかえって増大することを指す。近年では転じて企業経営者の経営倫理の欠如を指すことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

モラル・ハザード

危機に対する補償が、かえって危機回避を妨げてしまう状況のこと。また、そうした状況から生じる、規律や倫理観の欠如を表すこともある。たとえば近年では、金融におけるセーフティネットの存在によって、銀行の経営者やその関係者が、危機管理を怠りがちになるという問題が指摘される。 もともとは保険業界の用語で、生命保険の加入者が、保険をかけたことによる安心感から不摂生になり、かえって病気にかかる可能性が高まるような場合についていう。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モラル・ハザード
もらるはざーど
moral hazard

公的資金の注入や預金保険などのセーフティーネット(安全網)があることから、金融機関の経営者や株主、預金者らがリスクを軽視し、自己規律を喪失すること。通常「倫理観の欠如」「倫理欠如」などと訳される。
 日本ではバブル経済崩壊後、ペイオフの全面凍結で預金が全額保護され、政府の公的資金注入で大手銀行は破綻(はたん)しないとされた時期に、モラル・ハザードが広がり、無謀な資産運用や信用供与の広がった時期があった。2008年の世界金融危機時にも、アメリカの大手証券会社ベアー・スターンズの公的救済が政府支援への過剰な期待というモラル・ハザードを生み、リーマン・ブラザーズ破綻以降の市場の混乱(リーマン・ショック)を拡大した面がある。
 厳密には、モラル・ハザードは、経済学のプリンシパル(依頼人)-エージェント(代理人)理論principal-agent theoryで、「情報の非対称性」asymmetric informationからおこると説明されている。つまりプリンシパル(本人、株主、労働者、患者など)の利益の実現をエージェント(経営者、使用者、医療サービス提供者など)にゆだねる際、プリンシパルが知り得ない情報がある場合、エージェントの行動が、プリンシパル本位のものでなくなり、資源配分が非効率になる現象をさす。また保険分野では、契約によって損害を避けられるため、かえって被保険者のリスク回避行動を鈍らせる現象をさす。たとえば、自己負担額が少ないため体調の軽い変化でも病院にかかる行動や、自動車保険に加入したため運転時の注意を怠りがちになるなどのケースがモラル・ハザードに該当する。ただ日本では、1998年の金融危機時にモラル・ハザードが盛んに使われたことから、金融分野の「倫理欠如」の意味で使われることが多い。
 国立国語研究所は2003年(平成15)、なじみの薄い外来語の一つにモラル・ハザードをとりあげ、言い換え語として「倫理崩壊」を提案している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モラル・ハザードの関連情報