コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルワイデ図法 モルワイデずほう Mollweide's projection

5件 の用語解説(モルワイデ図法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルワイデ図法
モルワイデずほう
Mollweide's projection

正積擬円筒図法の一種で,楕円図法,バビネ図法 Babinest's projection,ホモログラフ図法 homolographic projectionともいう。 1805年ドイツ天文学者 K.モルワイデが発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モルワイデ‐ずほう〔‐ヅハフ〕【モルワイデ図法】

地図投影法の一。1805年にドイツの天文学者・数学者モルワイデ(K.B.Mollweide)が考案した正積図法。楕円形の長軸を赤道とし、短軸の2倍にして描くもの。中央経線は直線であるが、他の経線は楕円曲線となる。緯線は赤道に平行な直線で、間隔は高緯度ほど狭くなる。世界全図に用いられるが、図は辺縁に行くにつれてひずみが大きい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モルワイデ図法【モルワイデずほう】

楕円図法とも。地図投影法の一つ。横(長径)が縦(短径b)の2倍の長さの楕円の中に世界をおさめる。緯線は赤道に平行な直線で,緯度Φの緯線と赤道の距離はb sin α(ただし2α+sin 2α=π sin Φ)で与えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

モルワイデずほう【モルワイデ図法】

地図投影法の一。短軸(中央経線)を長軸(赤道)の半分とした楕円上に世界図を描く。経線は、中央経線から90度隔たったものが円弧、それ以外が楕円曲線、各緯度の各等分点を結ぶ。緯線は、赤道に平行、極に行くにしたがい間隔が狭まる。正積図の一種であるが、辺縁に行くにつれて歪みが増す。ドイツのモルワイデ(K. B. Mollweide)が1805年に考案。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルワイデ図法
もるわいでずほう
Mollweide's projection

地図投影の一種。正積図法の擬円筒図法。世界全図に用いる。楕円(だえん)図法の一種で、地球全体を長軸と短軸の比が2:1の楕円形とし、半球を円形、長軸を赤道、短軸を中央経線、緯線は赤道に平行な直線、中央経線以外の経線は楕円弧で表す。図の中央の中緯度部分では投影のひずみがない。緯線を等間隔で平行直線にした楕円図法を、19世紀初めにドイツのシュミットGeorg Gottlieb Schmidt(1768―1837)が考案したが、それを1805年にドイツのモルワイデKarl Brandon Mollweide(1774―1825)が正積になるように緯線間隔を改良した。
 1857年ごろフランスでバビネJacques Babinet(1794―1872)がホマログラフ図法(ホマロはギリシア語で「平らな」)、またはホモログラフ図法(ホモロはギリシア語で「調和」)の名称で紹介した。ドイツのベルグハウス自然地図帳の主題図に用いられ、19世紀の新しい擬円筒図法として有名になった。投影軸が地軸と斜めに交わる斜軸で大西洋の中央で北緯45度の地点を中央に置いたアトランティス図法が、1948年のバーソロミュー地図帳の地域図に使われた。また別の斜軸のものが77年の日本国勢地図帳に使われた。[金澤 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモルワイデ図法の言及

【地図】より

… 正積図法の地図は,国や大陸などの面積を比較するのに都合がよく,分布図や密度図などを作成する場合の基図となる。このうち世界全図を描く場合によく用いられる図法は,サンソン図法,モルワイデ図法,ハンメル図法,エッケルト第4図法,同第6図法などである(図2)。地球の一部(大陸や日本とその周辺など)を表示する場合には,ランベルト正積円錐図法,同正積方位図法,ボンヌ図法などがよく用いられる。…

※「モルワイデ図法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モルワイデ図法の関連キーワード言語地図正角図法正積図法地図投影法星形図法暗射地図絵地図分県地図方言地図輿地図

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone