コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンティセリ モンティセリ Monticelli, Adolphe (-Joseph-Thomas)

4件 の用語解説(モンティセリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンティセリ
モンティセリ
Monticelli, Adolphe (-Joseph-Thomas)

[生]1824.10.14. マルセイユ
[没]1886.6.29. マルセイユ
イタリア系のフランスの画家。マルセイユの美術アカデミーで学び,1846~48年パリで P.ドラローシュに師事。ルーブル美術館ルーベンスベロネーゼワトーらの作品から学び,友人ドラクロアの影響を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モンティセリ

フランスの画家。マルセイユ生れ。パリに出てワトーベネチア派を研究,1870年以後は生地マルセイユで隠遁的な生活を送った。厚く盛り上げた絵具が作り出す宝石のような輝きが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モンティセリ【Adolphe Monticelli】

1824‐86
フランスの画家。マルセイユのイタリア系の家庭に生まれ,市の美術学校で学んだ後,パリに出てドラローシュに師事。その間ルーブル美術館でレンブラントやワトーの作品を研究し,前者からは明暗のコントラストや厚塗りのタッチを,後者からは華やかな色彩を吸収する。様式は,輪郭線を無視し,形態が定かでなくなるほどの絵具の奔放なタッチを特徴とし,後に影響を与えたディアズN.Diaz de la Peñaがかろうじて最も近い画家といえるが,きわめて独創的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンティセリ
もんてぃせり
Adolphe Joseph Thomas Monticelli
(1824―1886)

フランスの画家。マルセイユに生まれ、同地に没。22歳のときパリに出てポール・ドラローシュのアトリエに入る。ルーブル美術館でレンブラントやベネチア派の作品を学ぶ一方で、ドラクロワ、ディアズ・ド・ラ・ペーニャの知己になりその影響を受ける。ロココ風の雅宴画でパリにおいて人気を博すが、1870年のプロイセンフランス戦争以後、故郷マルセイユに引きこもる。しかしその後、激しい筆使いと眩惑(げんわく)的な色彩を特徴とする独自の様式を発展させていった。南フランスでセザンヌと接触し、彼に多少の影響を与えているし、またゴッホらにも影響を及ぼしている。[宮崎克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンティセリの関連キーワードマルセイエーズラマルセイエーズマルセル石鹸セニガリアの聖母アデュー・マルセイユ マルセイユへ愛をこめてマルセイユ国立バレエ団ローラン・プティ・マルセイユ・バレエ団マルセイユ版マルセイユリキッドソープマルセイユ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone