コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンティ モンティ Monti, Vincenzo

6件 の用語解説(モンティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンティ
モンティ
Monti, Vincenzo

[生]1754.2.19. アルフォンシーネ
[没]1828.10.13. ミラノ
イタリアの詩人,劇作家。同時代の作家フォスコロと並び,新古典派の代表的存在であった。ファエンツァ神学校フェララの大学に学び,20歳頃から文学に専念。フランス革命の残虐性に激怒して,長詩『バスビーユに捧ぐ』 La Bassvilliana (1793) を書き,ナポレオンの英雄的行動に感激して『プロメテウス』 Prometeo (97) を献じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モンティ
モンティ
Monti, Eugenio

[生]1928.1.23. ドゥビアコ
[没]2003.12.1. ベルーノ
イタリアのボブスレー選手。優れた能力とスポーツマンシップで知られ,1957年から 1968年まで世界のボブスレー競技に君臨した。2人乗りと 4人乗りの双方を得意とし,世界選手権で 9回の優勝に輝いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モンティ
モンティ
Monti, Mario

[生]1943.3.19. バレーゼ
イタリアの政治家,経済学者。首相(在任 2011~ )。銀行家の息子に生まれた。ミラノのボッコーニ大学で経済学と経営学を学び,1965年に学位を取得。その後,アメリカ合衆国エール大学大学院で経済学者ジェームズトービンの指導のもとに研究を続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モンティ

イタリアの経済学者,政治家。2011年11月より閣僚評議会議長(首相)。欧州経済危機で急激に財政危機に陥ったイタリアは,2011年国際通貨基金IMF)の監視下に置かれることなり,11月,ベルルスコーニ首相は辞任・引退を表明,ナポリターノ大統領から閣僚評議会議長に指名され組閣を要請された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モンティ【Vincenzo Monti】

1754‐1828
イタリアの新古典主義期を代表する詩人,文学者。富裕な地主の家に生まれ,神学校からフェラーラ大学へ進む。1775年,文芸アカデミーアルカディアに入り,翌年《エゼキエルの幻視》を出版。ローマに上り,ピウス6世の治世をたたえる《ペリクレスの熱弁》(1779)の成功によって教皇の甥ブラスキの庇護を得,《天然の美》(1781)ほかの詩で古風と新風の融合に巧みな,いわば教皇庁のお抱え詩人となった。フランス革命の進展に対して《バスビッリアーナ》(1793)で君主制・カトリック的立場から革命の〈恐怖〉を攻撃した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンティ
もんてぃ
Vincenzo Monti
(1754―1828)

イタリアの詩人。古都ラベンナに近い小村アルフォンシーネの裕福な家に生まれる。フェッラーラに出て医学生となるが、まもなく種種の行事に際してつくった機会詩で名を馳(は)せ、21歳のとき文芸アカデミー「アルカディア」に入会、1778年には勇躍ローマに上った。ローマでは、当時、啓蒙(けいもう)思想に対抗して装飾的な新古典主義の芸術・文化が流行していたが、彼はこの傾向を自分の詩法に取り入れていった。そして3年後の81年、教皇ピウス(6世)の甥(おい)の結婚に寄せた祝詩『宇宙の美』を成功させてこの甥の秘書に迎えられ、教皇の信任を得て、ローマ文壇の中心的存在として活躍した。この時期にはほかに、教皇の干拓事業を神話になぞらえて称(たた)えた『女神フェーローニア』(未完)、ローマで起きたフランス革命政府外交官の虐殺事件を題材にして共和革命を弾劾した『バスビルの死』(1793)などがある。
 しかし、1789年に始まったフランス革命の影響が96年のナポレオン遠征によって北イタリアにも及ぶと、モンティは一転して共和主義に接近し、翌97年、ひそかにローマを去り、矢つぎばやにジャコバン主義的な教皇庁非難の詩を発表したのち、フランス軍占領下のミラノに落ち着いた。新ローマ皇帝を自任するナポレオン支配のもとで、モンティの新古典主義的詩風は大いに好まれた。ナポレオンのドイツ遠征を歌った『黒森の吟遊詩人』(1806)をはじめとする皇帝賛美の詩を書き続ける一方、ギリシア叙事詩『イリアス』の翻訳を1810年に完成、出版した。これは仏訳からの重訳であるがむしろそのために、形式美としての詩を目ざす彼の詩才が最大限に発揮され、代表作とみなされる。15年、ナポレオンが没落してイタリアがオーストリアの勢力下に戻ると、モンティは新しい支配者を称賛して復古王政側についた。しかし文学の主流はロマン主義に移りつつあり、再度の政治的転向がロマン派の不信を招くなか、かつての名声は衰え、晩年は不遇であった。この時期の著作では、新古典主義の立場から詩における神話の必要性を説いた『神話について』(1825)が重要である。[林 和宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモンティの言及

【イタリア文学】より

… 18世紀末,フランス革命の余波とナポレオン1世の征略によって,各地に共和制が敷かれ,イタリアは旧体制から新体制へ,またナポレオン失墜からウィーン会議により再び旧体制へと,めまぐるしく政情が移り変わった。それらの希望と絶望を一身にうけて,すぐれた文学的才能を持ちながら,矛盾と変節にみちた作品を発表したのがV.モンティである。そしてモンティと同じように,一時期はナポレオン1世に解放者としての夢を託しながらも,U.フォスコロは,故国ベネチアがオーストリアに併合されるや,激動する時代の行方を鋭く見つめながら,イギリスに亡命して極貧のうちにロンドン郊外に客死した。…

※「モンティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モンティの関連キーワードアルベルティネリカノーバドンナーパラディオフラックスマンマーハイタリアン擬古典主義カセラグリノー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モンティの関連情報