コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーメント・マグニチュード もーめんとまぐにちゅーどmoment magnitude

知恵蔵の解説

モーメント・マグニチュード

地震モーメントの大きさをマグニチュード(M)に換算したもの。1977年に金森博雄が導入。地震を起こした断層運動の規模に関係するので大地震の規模の表現に適しており、定義が明確なので国際的に広く使われている。地震モーメントとは、発震機構を2組の偶力で表現した時にその偶力の大きさを指すもので、66年に安芸(あき)敬一が導入。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

世界大百科事典内のモーメント・マグニチュードの言及

【マグニチュード】より

…世界的には浅い地震については,グーテンベルクB.Gutenbergによる表面波マグニチュードMS,あるいはバネークJ.Vaněkほかによる表面波マグニチュード(これは上記のMSより平均0.2ほど大きい値となる),またはグーテンベルクによる実体波マグニチュード(広帯域地震計によるmBと短周期地震計によるmbがあり,両者はかなり違った値となる)などが広く使われている。なおきわめて大きい地震については,上記のマグニチュードはみな飽和してしまう(地震が大きくなってもマグニチュード値は大きく決まらない)ため,この欠点をもたないものとして,金森博雄によるモーメント・マグニチュード(Mw)が使われる。深い地震については,グーテンベルクの実体波マグニチュードが広く使われている。…

※「モーメント・マグニチュード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モーメント・マグニチュードの関連キーワードイタリア地震(2016)モーメントマグニチュードスマトラ島沖地震・津波インド・ラトゥール地震東北地方太平洋沖地震クライストチャーチアウターライズ地震新潟県中越沖地震スマトラ島沖地震兵庫県南部地震新潟県中越地震エムダブリューメキシコ地震トルコ大地震慶長三陸地震能登半島地震台湾大地震ペルー地震海溝型地震ブージ地震