コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤサ Yasa

世界大百科事典 第2版の解説

ヤサ【Yasa】

モンゴル帝国時代に法令,法度を意味した言葉。ヤサはトルコ語で,モンゴル語ではジャサクJasak(札撒,札撒黒)という。この語はモンゴル帝国建設前,軍律,軍法などの意味で用いられていたらしい。1206年の帝国の建国とともにチンギス・ハーンは帝国の基本法を定めたが,それは大法令(イェケ・ジャサクYeke Jasak)と称された。これはその後1218年,25年に手が加えられて整えられた。大法令はモンゴル族慣習法に基づきながら,大帝国の統治に必要な種々の内容をもりこんで法典化されたものとみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヤサの関連キーワード『ぼく、オタリーマン。』と新オタクマンガホンジャゴドフリー・M. ハギンズモグーリスターン・ハーン国ホジャアフマドヤサウィ廟オサムシタケ(歩行虫茸)コジャアフメドヤサウィ廟静岡県静岡市駿河区池田鉄刀木 スタンダードゴールデンサンズチャガタイ・ハンハナヤサイサンゴ明石海域公園地区平野海域公園地区マラウイ[湖]トゥルキスタンオゴタイ・ハンナヌヤレブ島おのぼり物語ブロッコリー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤサの関連情報