コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤツガシラ Upupa epops; Eurasian hoopoe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤツガシラ
Upupa epops; Eurasian hoopoe

サイチョウ目ヤツガシラ科。全長 25~32cm。頭頸部,胸腹部,背は黄褐色と尾は黒と黄白色の縞模様。頭上には黄褐色で先端部が黒い冠羽(→羽冠)があり,広げると額から後頭上に扇形に広がってよく目立つ。は細長く,下側に少し湾曲している。脚は短く,黒い。ユーラシア大陸のヨーロッパから東アジアにかけての南側とアフリカに広く分布し,北方で繁殖するものは南方に渡って越冬する。草地,農耕地,半砂漠状の荒れ地などに生息し,崖地の穴や樹洞,建物のすきまなどに営巣する。おもに地上で昆虫,ミミズ,クモなどを採食する。日本では,南西諸島には毎年,ほかの地域にはごくまれに少数が渡来する。1982年に長野県で初めて繁殖が確認された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤツガシラの関連キーワードヤツガシラ(サトイモ)ヤツガシラ(動物)ヤツガシラ(戴勝)ヤツガシラ(鳥)カマハシ(鎌嘴)その他のイモ類ブッポウソウ目フィロメラキツツキ目芸濃ずいきサトイモカマハシ仏法僧酉の市九面芋赤鸇芋雑煮旨煮里芋戴勝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤツガシラの関連情報