コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤナギムシガレイ ヤナギムシガレイTanakius kitaharae

3件 の用語解説(ヤナギムシガレイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤナギムシガレイ
Tanakius kitaharae

カレイ目カレイ科の海水魚。体長 30cm内外。体はやや細長く薄い。頭,口ともに小さい。眼は体の右側にある。鱗は有眼側,無眼側ともに円鱗。側線は胸鰭近くで少し曲がる。有眼側は褐色。北海道以南,東シナ海黄海ポー(渤)海に分布する。食用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤナギムシガレイ
やなぎむしがれい / 柳虫鰈
willowy flounder
[学]Tanakius kitaharai

硬骨魚綱カレイ目カレイ科に属する海水魚。北海道南部以南の日本各地のほか、黄海、渤海(ぼっかい)、朝鮮半島沿岸に分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で、著しく扁平(へんぺい)。上眼は頭の背縁に接し、下眼よりわずかに後ろにある。口は小さく、両顎(りょうがく)に門歯が連続して一列に並ぶ。側線は胸びれの上方で湾曲しない。体色は有眼側は褐色で、胸びれと尾びれの後部は暗色。無眼側の体は白い。
 水深200~400メートル前後の砂泥底にすみ、おもに小形の甲殻類、多毛類、二枚貝、ヒトデ類など海底の小動物を食べる。産卵期は12~7月で、北ほど遅い。卵は油球のない分離浮性卵。孵化仔魚(ふかしぎょ)は全長約3.4センチメートル。1年で8センチメートル、3年で15センチメートル、5年で20センチメートルほどになる。最大体長は30センチメートルほど。底引網で多量に漁獲される。ほかのカレイ類に比べて、形や色合いに品があるうえ、脂肪が少なくて淡泊であり、干物として最高級品である。乾製品はワカサガレイやササガレイの名前で売られている。
 ヤナギムシガレイの名前は、体つきと色合いはムシガレイに似ているが、体が薄くて細くヤナギの葉のようであることに由来する。ヒレグロに似るが、ヤナギムシガレイは上眼が頭部背縁に接すること、無眼側の体は白いことなどで容易に区別できる。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤナギムシガレイの関連キーワード生活形バルサ火の竜オイルフェンスザミア雑巾シリコン・プロセス技術継体(けいたい)天皇陵カーリングレーザーディスク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤナギムシガレイの関連情報