コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマアイ mercury

翻訳|mercury

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマアイ【mercury】

亜熱帯~暖温帯の木陰に群生するトウダイグサ科の常緑多年草(イラスト)。本州~沖縄,中国,朝鮮,台湾,インドシナに分布する。太平洋側の北限関東地方だが,日本海側では青森県まで北上する。白い地下茎が長くはい,栄養繁殖を行う。茎は直立し,高さ30~50cm。葉は対生し,長楕円披針形~卵状楕円形で,鋸歯があり,葉身は長さ10cm内外。濃緑色を呈し,質は薄く,粗毛がある。雌雄異株。3~5月ころ,葉腋(ようえき)に穂状花序をつけ,緑色の小さな単性花が数個ずつ集まってつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマアイ
やまあい / 山藍
[学]Mercurialis leiocarpa Sieb. et Zucc.

トウダイグサ科の多年草。根茎は長くはい、白色で乾くとやや紫色になる。茎は四角形で、直立して高さ30~50センチメートル、毛はなく、基部の2、3節を除き、葉を対生する。葉は有柄で卵状長楕円(ちょうだえん)形、先はとがり、縁(へり)に鈍鋸歯(どんきょし)があり、脈上に粗毛がある。葉質は薄く、光沢がある。托葉(たくよう)は披針(ひしん)形で反り返り、宿存する。4~7月、下部の葉腋(ようえき)に雄性の穂状花序を、上方の葉腋に雌性花序をつける。雄花は萼片(がくへん)3枚と雄しべが多数あり、花糸は長い。雌花は萼片3枚と子房が1個あり、柱頭は2裂する。(さくか)は二分し、表面に小数の突起がある。林下に生え、本州から沖縄、および朝鮮半島、中国、インドシナに分布する。染料植物のリュウキュウアイを一名ヤマアイということから混同され、藍(あい)染めに使うといわれるが、藍色の染料色素は含まない。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤマアイの関連キーワードリュウキュウアイ紺屋(こうや)丸山電気石摺り狩衣万葉植物ちはや摺り衣亜熱帯摺袴

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android