コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマキチョウ ヤマキチョウ Gonepteryx rhamni

3件 の用語解説(ヤマキチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマキチョウ
ヤマキチョウ
Gonepteryx rhamni

鱗翅目シロチョウ科。前翅長 33mm内外。前翅端は鎌状に突出し,後翅も外縁後方 (第3脈端) が弱くとがる。翅色は雄では濃黄色,雌では青色がかった黄白色で,ともに前後翅中央に橙赤色の小点があり,前翅の前縁と外縁は細く赤褐色に縁どられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヤマキチョウ

鱗翅(りんし)目シロチョウ科の1種。開張65mm内外,雄はあざやかな黄色で前後翅の中央にだいだい赤色紋があるが,雌は緑白色。本州中部と北上高地,海外では朝鮮,中国,ヒマラヤからヨーロッパに分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマキチョウ
やまきちょう / 山黄蝶
brimstonecommon brimstonesulphur
[学]Gonepteryx rhamni

昆虫綱鱗翅(りんし)目シロチョウ科に属するチョウ。日本では長野県・山梨県を中心とする本州中部より関東地方西部から北西部にわたる地域と東北地方の一部(岩手県および青森県の南東部)に産し、本州の特産種。国外では朝鮮半島、中国北部よりヨーロッパにわたりユーラシア大陸の北・中部に広く分布する。はねの開張は66ミリ程度。雄のはねの地色は濃黄色、雌では青白色。前はねの先端は雌雄ともに鉤(かぎ)状に突出する。和名は「山にすむキチョウ」の意で、その山地性であることを示している。成虫態で冬を越し、越冬母チョウはクロツバラ(クロウメモドキ科)の若葉に産卵し、これより孵化(ふか)した幼虫が成虫になるのは7、8月で、年一化の経過をとる。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤマキチョウの関連キーワードスジグロシロチョウツマベニチョウエゾシロチョウ白蝶紋白蝶蝦夷白蝶姫白蝶シロチョウ(白蝶)ヒメシロチョウ(姫白蝶)モンシロチョウ(紋白蝶)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマキチョウの関連情報