コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトシジミ ヤマトシジミ Corbicula japonica

4件 の用語解説(ヤマトシジミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ
Corbicula japonica

軟体動物門二枚貝綱シジミ科。殻長 4cm,殻高 3.5cm。殻は丸みのある三角形で殻頂部はよくふくらむ。殻表は黄褐色で光沢があり,個体によっては褐色の放射帯をもつが,老成すると黒色になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ

シジミチョウ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヤマトシジミ

鱗翅(りんし)目シジミチョウ科の1種。開張27mm内外,雄は青藍色,雌は黒色で夏型は暗色部が多い。アジア東・南部,日本では本州以南に広く分布。幼虫はカタバミを食べ,幼虫で越冬,成虫は春〜秋に連続して発生し,都会地にも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマトシジミ【Pseudozizeeria maha】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫(イラスト)。本州以南の日本でもっともふつうに見られる小型のシジミチョウである。開張2.4~3cm。雄は表面に青紫色の部分が広がり,外縁部は黒く縁取られる。この縁取りは早春や晩秋に見られるものではごく狭くなる。雌では青紫色部の輝きは弱く,周囲の暗褐色部がよく発達し,夏の個体では全面暗褐色となる。パキスタン南西部からインドシナ,中国南半部,台湾,朝鮮半島を経て日本にまで分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヤマトシジミの言及

【シジミ(蜆)】より

…軟体は白色であるが,出・入水管の先端は黒い。日本には胎生で淡水の河川にすむ類(マシジミ)と卵生で河口や潟の海水にすむ類(ヤマトシジミ)があるが,セタシジミは卵生であるが琵琶湖にすむ。プランクトンや浮遊有機物を食べ,夏に産卵する。…

※「ヤマトシジミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマトシジミの関連キーワードウラナミシジミゴマシジミミドリシジミカラフトルリシジミゴイシツバメシジミベニシジミルーミスシジミ紅小灰蝶小灰蝶シジミチョウ(蜆蝶∥小灰蝶)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマトシジミの関連情報