ヤンヨーステン(英語表記)Jan Joosten van Lodenstijn

デジタル大辞泉の解説

ヤン‐ヨーステン(Jan Joosten van Lodenstijn)

[?~1623]オランダ船員・貿易家。リーフデ号に乗り組み、慶長5年(1600)豊後(ぶんご)漂着。同乗のアダムズ三浦按針)とともに徳川家康に仕え、外交・貿易に活躍した。居宅のあった八重洲河岸(やえすがし)の地名は彼の名にちなむという。日本名は耶揚子(やようす)。→八重洲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヤンヨーステン【Jan Joosten van Lodenstijn】

1556?~1623 オランダの船員・貿易家。オランダ船リーフデ号で、1600年、豊後に漂着。徳川家康の信任を得て、江戸に屋敷を授かり(八重洲河岸の名の起こりという)、日本婦人と結婚。東南アジア方面との朱印船貿易に活躍。耶揚子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ヤン‐ヨーステン

(Jan Joosten van Lodenstijn ━ファン=ロデンステイン) オランダ人の朱印船貿易家。慶長五年(一六〇〇)、W=アダムズ(三浦按針)らとともに東方貿易の航海中、豊後国(大分県)に漂着。のち徳川家康に仕え、朱印船貿易に従事した。日本名は耶揚子(やようす)。住居のあった八重洲河岸(やえすがし)の地名は彼の名にちなむという。元和九年(一六二三)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android