コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウゼンギク New York aster

世界大百科事典 第2版の解説

ユウゼンギク【New York aster】

北アメリカ原産のキク科の耐寒性多年草。ユウゼンギクの名は,正式には本種のことであるが,一般的には,これと近縁のアメリカシオンA.novaeangliae L.(英名New England aster)やA.amellus L.(英名Italian aster),A.dumosus L.などの園芸品種の総称として扱われていることが多い。また,日本でシノノメギクと呼ばれる四季咲性をもつ品種も,この一群のものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユウゼンギク
ゆうぜんぎく / 友禅菊
[学]Aster novi-belgii L.

キク科アスター(シオン)属の耐寒性多年草。北アメリカ原産。茎は高さ約1.3メートルに達する。葉は細長い線状披針(ひしん)形、無柄で葉腋(ようえき)に耳状片がある。8~9月、茎頂に一重の頭状花を多数つける。花弁は一般に濃青紫色であるが、白色種もある。耐寒性が強く、性質も強健でつくりやすい。宿根草であるが、栽培上は春播(ま)きまたは秋播きとし、切り花、花壇用に栽培される。栽培は一度定植すれば2~3年は据え置いてもよいが、連作すると下葉が早く枯れ上がり、茎も伸長が悪くなるので、植え替えをする。植え替えにあたっては、1平方メートル当り1キログラムくらいの堆肥(たいひ)または腐葉土を施し、これに化成肥料を100~300グラム振りまいてから、よく混ぜておく。繁殖は3月ころに株分けをするのが普通であるが、4~5月、新芽の先端を切って挿芽を行うこともできる。一般にアスターといわれるエゾギクは中国北部原産のCallistephus chinensis Neesをさし、アスター属とはまったく別属である。[岡田正順]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユウゼンギクの関連キーワードアスター(キク科)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android