コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウゼンギク New York aster

2件 の用語解説(ユウゼンギクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユウゼンギク【New York aster】

北アメリカ原産のキク科の耐寒性多年草ユウゼンギクの名は,正式には本種のことであるが,一般的には,これと近縁のアメリカシオンA.novaeangliae L.(英名New England aster)やA.amellus L.(英名Italian aster),A.dumosus L.などの園芸品種の総称として扱われていることが多い。また,日本でシノノメギク呼ばれる四季咲性をもつ品種も,この一群のものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユウゼンギク
ゆうぜんぎく / 友禅菊
[学]Aster novi-belgii L.

キク科アスター(シオン)属の耐寒性多年草。北アメリカ原産。茎は高さ約1.3メートルに達する。葉は細長い線状披針(ひしん)形、無柄で葉腋(ようえき)に耳状片がある。8~9月、茎頂に一重の頭状花を多数つける。花弁は一般に濃青紫色であるが、白色種もある。耐寒性が強く、性質も強健でつくりやすい。宿根草であるが、栽培上は春播(ま)きまたは秋播きとし、切り花、花壇用に栽培される。栽培は一度定植すれば2~3年は据え置いてもよいが、連作すると下葉が早く枯れ上がり、茎も伸長が悪くなるので、植え替えをする。植え替えにあたっては、1平方メートル当り1キログラムくらいの堆肥(たいひ)または腐葉土を施し、これに化成肥料を100~300グラム振りまいてから、よく混ぜておく。繁殖は3月ころに株分けをするのが普通であるが、4~5月、新芽の先端を切って挿芽を行うこともできる。一般にアスターといわれるエゾギクは中国北部原産のCallistephus chinensis Neesをさし、アスター属とはまったく別属である。[岡田正順]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユウゼンギクの関連キーワードストケシアアゲラタムガザニアネリネアメリカ杉アメリカ篠懸の木アメリカ撫子背高泡立草大豚草ハヤトウリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone