コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨコエビ ヨコエビ gammarid amphipod

3件 の用語解説(ヨコエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨコエビ
ヨコエビ
gammarid amphipod

軟甲綱端脚目ヨコエビ科 Gammaridaeに属する種類の総称。広義にはヨコエビ亜目 Gammarideaの総称で端脚類の大部分を占める。また,端脚目 Amphipodaをヨコエビ目と表記することもあり,そのため端脚類全体の総称としてヨコエビ類とされることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨコエビ

甲殻類端脚目の一群。巧みに跳躍するのでトビムシとも。頭部と7節の胸部,6節の腹部からなる体は左右に側扁し,腹側に湾曲している。触角は2対とも長く,第1・2顎脚ははさみ形。
→関連項目トビムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨコエビ
よこえび / 横蝦

節足動物門甲殻綱端脚(たんきゃく)目ヨコエビ科Gammaridaeに属する種類の総称。広義にはヨコエビ亜目Gammarideaに属する種類の総称で、端脚目の大部分を占め、多くの科に分けられる。この類は体長5ミリメートル前後から5センチメートルほどであるが、1センチメートル以下の種が多い。真のエビ類のような頭胸甲はなく、各胸節は分離しているが、一般的には強く側扁(そくへん)したエビ形であるためこの和名がある。低潮線付近の藻場、潮間帯の石の下、海藻の根元、高潮線付近の砂中などに多いが、深海からも多くの種が知られ、また井戸や洞窟(どうくつ)、渓流や湖沼、森林中の湿地などにすむ種もいる。ニッポンヨコエビRivulogammarus nipponensisが本州および九州の河川の石間などに、ヒメハマトビムシOrchestia platensisが各地の池沼や海岸の砂中に、モクズヨコエビHyale grandicornisが各地沿岸の干潮線付近の海藻の間に普通にみられる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨコエビの関連キーワード端脚類軟甲類沼海老箱海老芝海老跳虫横蝦メキシコエビトビムシ(跳虫)ヨコエビ(横蝦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨコエビの関連情報