コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨナグニサン

百科事典マイペディアの解説

ヨナグニサン

鱗翅(りんし)目ヤママユガ科の1種。世界最大のガといわれ,開張200mm内外。雌は雄より多少大きく,前翅の突出が弱い。赤褐色で各翅の中央に三角形の透明紋がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨナグニサン
よなぐにさん / 与那国蚕蛾
atlas moth
[学]Attacus atlas

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤママユガ科に属するガ。はねの面積が世界最大級のガで、その開張が200ミリに達する個体もある。前翅は細長く突出し、その部分と前縁近くに白色で縁どられた黒斑(こくはん)があり、その下に赤帯があって、ヘビの頭を連想させる。前後翅ともはねの中央に大きな三角形の透明紋があり、前翅ではさらにその上に小さい透明紋がある。日本では琉球(りゅうきゅう)諸島の石垣島、西表(いりおもて)島、与那国(よなぐに)島に産し、ことに与那国島に多産したため、島名にちなんで和名がつけられた。東南アジアの広分布種である。幼虫はアカギ、モクタチバナの葉を食べ、木の葉を周囲に配した大きな繭をつくって蛹化(ようか)する。成虫ガは夜行性。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヨナグニサンの関連キーワード沖縄県八重山郡与那国町与那国沖縄県八重山郡与那国町アヤミハビル館与那国(町)シンジュサン与那国島井上

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android