ヨナグニサン(読み)よなぐにさん(英語表記)atlas moth

日本大百科全書(ニッポニカ)「ヨナグニサン」の解説

ヨナグニサン
よなぐにさん / 与那国蚕蛾
atlas moth
[学] Attacus atlas

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤママユ科に属するガ。はねの面積が世界最大級のガで、その開張が200ミリに達する個体もある。前翅は細長く突出し、その部分と前縁近くに白色で縁どられた黒斑(こくはん)があり、その下に赤帯があって、ヘビの頭を連想させる。前後翅ともはねの中央に大きな三角形の透明紋があり、前翅ではさらにその上に小さい透明紋がある。日本では琉球(りゅうきゅう)諸島の石垣島、西表(いりおもて)島、与那国(よなぐに)島に産し、ことに与那国島に多産したため、島名にちなんで和名がつけられた。東南アジアの広分布種である。幼虫アカギ、モクタチバナの葉を食べ、木の葉を周囲に配した大きな繭をつくって化(ようか)する。成虫ガは夜行性。

[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ヨナグニサン」の解説

ヨナグニサン

鱗翅(りんし)目ヤママユガ科の1種。世界最大のガといわれ,開張200mm内外。より多少大きく,前翅の突出が弱い。赤褐色で各翅の中央に三角形の透明紋がある。南西諸島南部,台湾,中国大陸南部〜インド,ジャワボルネオなどに分布,与那国島に多産したのでこの名がある。幼虫はアカギの葉を食べ,葉を巻いて蛹(さなぎ)をつくる。準絶滅危惧(環境省第4次レッドリスト)。フィリピンスラウェシ,ニューギニアなどにはよく似た近縁種がすむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android