コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーガ学派 ヨーガがくは Yoga

翻訳|Yoga

5件 の用語解説(ヨーガ学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーガ学派
ヨーガがくは
Yoga

インドの正統バラモン系統の哲学派の一つ。ヨーガの修行によって解脱に達することを教える学派。パタンジャリに帰せられる『ヨーガ・スートラ』を根本経典とする。この学派の思想には,仏教の影響もあり,形而上学説はサーンキヤ学派のものと概して同じであるが,一個の霊魂としての最高神を認める点を異にしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨーガ学派【ヨーガがくは】

インドの六派哲学の一つ。サンスクリットパータンジャラPatanjala。ヨーガの修行によって解脱(げだつ)に到達することを教える学派。根本聖典《ヨーガ・スートラYoga-sutra》はパタンジャリの作と伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーガがくは【ヨーガ学派】

ヨーガの実習と形而上学の研究を旨とするインド六派哲学の一学派。サンスクリットでは開祖の名にちなみ,パータンジャラPātañjala呼ばれる。開祖はパタンジャリと伝えられ,この学派の根本経典《ヨーガ・スートラ》を作ったといわれている。この経典は,古くからさまざまな形態で存在していたヨーガを,仏教の影響のもとに,サーンキヤ学派の学説を借用して体系化したものである。サーンキヤ学説と違うところは,サーンキヤ学説では区別されている統覚機能(ブッディ),自我意識(アハンカーラ),思考器官(マナス)を,一括して心(チッタcitta)と称することが多い点,また,サーンキヤ学説では認めない最高神(イーシュバラīśvara)を認める点にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヨーガがくは【ヨーガ学派】

インドの正統バラモン系統の一学派。六派哲学の一。ヨーガの修行と思想を組織大成したもの。有神論の立場をとるが、哲学説としてはサーンキヤ学派の影響が強い。パタンジャリの作と伝える「ヨーガ-スートラ」を根本聖典とする。瑜伽派ゆがは

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーガ学派
よーががくは
Yoga

インド六派哲学の一つ。ヨーガの起源はインダス文明にあるといわれるが、その行法が説かれているのは、仏教以後の中期のウパニシャッド(『カタ』などの書)からである。サーンキヤ学派と思想的には深い関係を有し、その二元論的思想を共有する。この派の開祖をヒランヤガルバ(金胎(こんたい)神)に帰する伝承もあるが、通常はパタンジャリが開祖で、根本経典『ヨーガ・スートラ』を著したといわれる。3~5世紀ころにできたといわれるこの書は、仏教などの影響をも受けながら、ヨーガの体系をまとめたものである。これにはブヤーサVysa(5~6世紀)の注釈『バーシュヤ』、バーチャスパティ・ミシュラ(9世紀)の復注『タットバ・バイシャーラディー』、ボージャ王(11世紀)の注釈『ラージャ・マールタンダ』、ビジュニヤーナビクシュ(16世紀)の注釈『ヨーガ・バールティカ』などがある。『ヨーガ・スートラ』は、最初にヨーガを心の働きの停止と定義し、このときに観照者は真の霊魂プルシャ(霊我(れいが))の本性に安住するという。ついで心の働きを説明し、修行の方法を説くが、それはヨーガの八支にまとめられる。八支とは、禁戒、勧戒(かんかい)、坐法(ざほう)、呼吸の抑制、感官の制御、執持(しゅうじ)(集中)、静慮(じょうりょ)、三昧(さんまい)である。禁戒とは不殺生(ふせっしょう)、真実、不偸盗(ふちゅうとう)、貞潔、無所得の五戒。勧戒とは潔斎(けっさい)、満足、苦行、読誦(どくじゅ)、至上神への帰依(きえ)の五つ。これらを守って息を調え感官を制御し、心の集中、統一を行い、最後に、心の働きとは別な霊我の存在を知り、霊我の本性に安立することを解脱(げだつ)(独存)とする。[村上真完]
『岸本英夫著『宗教神秘主義』(1958・大明堂) ▽松尾義海著『ヨーガ根本聖典』(『世界の名著1』所収・1969・中央公論社) ▽本多恵著『ヨーガ書註解』(1978・平楽寺書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヨーガ学派の言及

【インド哲学】より

…(1)サーンキヤ学派 宇宙の根本原理として,純粋に精神的原理プルシャと物質的原理プラクリティという2種を想定し,現象世界を説明しようとする二元論である。(2)ヨーガ学派 サーンキヤ学派の姉妹学派であるが,この学派の本領はヨーガの実修によって精神統一を実現し,解脱を達成するところにある。(3)ニヤーヤ学派 この派の特徴はニヤーヤすなわち論理学と認識論にあり,正しい知識根拠として,直接知,推理,類比,証言の4種を主張した。…

【解脱】より

…その真実の知を仏教では悟り(ボーディbodhi,菩提(ぼだい),覚(かく))といい,それを得た人をブッダbuddha(仏陀,覚者)といい,悟りの境地をニルバーナnirvāṇa(涅槃(ねはん))という。 仏教以降に出た諸派の解脱観については,たとえばサーンキヤ学派,ヨーガ学派は,自己の本体であるプルシャpuruṣa(純粋精神)を,身体(ふつうの意味での意識も含む)や外界など物質的なものから完全に区別して知ること(区別知,ビベーカviveka)によって,純粋精神が物質的なものから完全に孤立すること(独存(どくそん),カイバルヤkaivalya)が解脱であるとし,ベーダーンタ学派は,自己の本体であるアートマンātman(我(が))が実は宇宙の本体であるブラフマンbrahman(梵)と同一であると明らかに知ること(〈明〉)によって解脱が得られるとするが,いずれにしても,真実の知によって解脱が得られるとする点では,基本的に上述の仏教の考え方と軌を一にする。悟り【宮元 啓一】。…

【六派哲学】より

…(3)サーンキヤ学派の哲学 六派哲学のなかでは最も起源が古く,精神原理(プルシャ)と非精神原理(プラクリティ)の二元論を主張し,しばしばシバ派の教学体系づくりに利用された。ヨーガ学派の姉妹学派といわれる。異説が種々あるが,古典サーンキヤ説と呼ばれるものの根本典籍は,4世紀ころにイーシュバラクリシュナが作った《サーンキヤ・カーリカー》である。…

※「ヨーガ学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヨーガ学派の関連キーワード形而上旨とするメタフィジカルヨーガ派偉大な形而上学者永井博ヘーガーシュトレーム一般形而上学《形而上学の諸問題》特殊形而上学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone