コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーンゾン ヨーンゾン Johnson, Uwe

4件 の用語解説(ヨーンゾンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーンゾン
ヨーンゾン
Johnson, Uwe

[生]1934.7.20. ポメルン,カミン
[没]1984.2.23/24. イギリス,シェーアニス
西ドイツの小説家。東ドイツのロストク,ライプチヒの各大学でドイツ文学を学び,1959年に西ベルリンへ移住。同年,北大西洋条約機構勤務の恋人をもつ東ドイツの鉄道員の謎の死を題材とした小説『ヤーコプについての推測』 Mutmaßungen über Jakobを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヨーンゾン

ドイツの作家。1959年東独から西独に移り長編《ヤーコプについての推測》を発表。これは東西分裂の現実と取り組んだ最初の作品で,前衛的手法でも注目された。その後《三冊目のアヒム伝》《二つの見解》でも同一のテーマを追求。
→関連項目47年グループ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーンゾン【Uwe Johnson】

1934‐84
ドイツの作家。ポンメルン地方(現,ポーランドポモジェ地方)に生まれ,東ドイツの大学に学んだが,自己の創作を自由に発表する認可が得られず,長編《ヤーコプについての推測》を西ドイツで出版(1959),同時にみずからも西ベルリンに移住した。東西二分の政治状況が個々の市民に加える圧力の実相を言語化しようと試みた野心作である。東ドイツの現実を素材にした《三冊目のアヒム伝》(1961),ニューヨークを舞台に現代アメリカの政治と1930年代ドイツ史とを重ね,現代の政治と一市民の生き方とのかかわりを追求する大作《記念の日々》(1970‐,未完)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーンゾン
よーんぞん
Uwe Johnson
(1934―1984)

ドイツの作家。ポンメルン州のカミン(現ポーランド領)生まれ。1952年より4年間、ハンスマイヤー、エルンスト・ブロッホについてロストック大学、ライプツィヒ大学でドイツ文学を学ぶ。旧東ドイツでの出版を禁止され、『ヤーコプについての推測』(1959)を旧西ドイツで出版させる。同年「創作の都合」で旧西ベルリンに「移住」する。60年のフォンターネ賞受賞以来、71年のビュヒナー賞など数多くの賞を受ける。79年フランクフルト大学文芸論講師となる。『ヤーコプについての推測』のほか『アヒムに関する第三の書』(1961)、『二つの見解』(1965)、『記念の日々』3巻(1970、71、73、第4巻未完)を含めた4編の小説中最高のできといわれている『ヤーコプについての推測』は、主人公の謎(なぞ)の死をめぐる登場人物を通して、両体制にとらわれることなく、始まりだした冷戦に対してメスを振るっている。イギリスで死去。[久山秀貞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨーンゾンの関連キーワードグリンメルスハウゼン西ドイツポメラニアポーランド回廊ポンメルン統一ドイツメクレンブルクフォアポンメルンドイツの小さな町ポモジェハイリゲンダム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone