コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライヒスバンク

百科事典マイペディアの解説

ライヒスバンク

第2次大戦終了時までのドイツの中央銀行ドイツ帝国の成立,金本位制による幣制マルク)確立を背景に1875年プロイセン銀行を改組して設立。民間出資で政府の監督に服したが,第1次大戦後のインフレの経験により1924年政府から独立。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライヒスバンク【Reichsbank】

第2次大戦終了までの期間におけるドイツの中央銀行として,アメリカの連邦準備制度,イギリスのイングランド銀行,フランスのフランス銀行と並び称された世界的に著名な中央銀行の一つであった。ライヒスバンク(帝国銀行)の前身はプロイセンの中央銀行であったプロイセン銀行で,1871年ドイツ統一の理想実現後数年を経た75年3月の銀行法Bankgesetz制定により,ドイツ全土にわたる中央銀行として改組されたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ライヒスバンクの関連キーワードH.G.ヒャルマー シャハトマルク(ドイツの通貨単位)オシフィエンチムドイツ連邦銀行レンテンマルク日本銀行[株]シャハトドーズ案ヤング案ナチス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android