コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライ症候群(読み)ライショウコウグン

百科事典マイペディアの解説

ライ症候群【ライしょうこうぐん】

小児がウイルス感染症,とくにインフルエンザ水痘にかかったあと,激しい嘔吐を起こして意識不明に陥るもの。解熱鎮痛薬,とくにアスピリンなどの薬物を使用したときに起こることが多く,現在は,これらのウイルス感染症の際は使用しないことになっている。発症した場合は,救命手当てのできる病院で治療を受ける必要がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

らいしょうこうぐん【ライ症候群】

 かぜや水痘(すいとう)(水ぼうそう)にかかって5~7日後に、急に吐(は)き、数時間後に意識がもうろうとなります。重症だと、けいれんをおこし、昏睡(こんすい)状態になって死亡するおそろしい病気です。
 おもに、脳と肝臓の細胞のミトコンドリア(細胞のエネルギーを生み出す部分)がおかされます。4~12歳の子どもに多くみられ、以前は原因が不明でした。
 その後、アメリカの調査で、ウイルス(とくにインフルエンザウイルスや水痘ウイルス)に感染したとき、鎮痛解熱薬(ちんつうげねつやく)としてアスピリンを使うと発病することがわかりました。アスピリンをやめることでほぼ発生しなくなっています。
 アスピリン以外でも、鎮痛、解熱、抗炎症のはたらきがある薬を使うと、似たような病気がおこる可能性が否定できません。そのため、できるだけ使わないようにすべきです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

ライしょうこうぐん【ライ症候群】

軽い風邪のような症状が数日から三週間ぐらい続き、突然、嘔吐・昏睡・痙攣などを起こし、短時間のうちに死亡する疾患。一六歳以下の児童に多い。1963年オーストラリアの小児科医ライ(R. D. K. Reye)らが発表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライ症候群
らいしょうこうぐん
Reye syndrome

ウイルス感染症、とくにインフルエンザや水痘(すいとう)などにかかったあと、脳圧亢進(こうしん)と肝障害のために突然の嘔吐(おうと)、意識障害、けいれんなどをおこして生命が危険になる急性脳症の一型をいう。オーストラリアのシドニーにある小児病院の病理学者ライR. D. K. Reyeらが1963年に初めて報告した疾患で、原因は、インフルエンザや水痘等のウイルスのほか、薬物(サリチル酸等)が一因子として関係する可能性があるとされている。
 発病は1~8歳の小児に多く、一般に病状の進行がきわめて急激なため、軽い上気道感染数日後、激しい嘔吐や意識障害、あるいはけいれんがおこる。肝機能障害が著明で血中アンモニアの増加、凝固異常、脳浮腫が生じる。早期発見、早期受診がたいせつで、ライ症候群の場合は救命処置の受けられる病院で治療を受けることが望まれる。[山口規容子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android