コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウラーナ Laurana, Francesco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウラーナ
Laurana, Francesco

[生]1430頃ダルマチア
[没]1502.3.12以前アビニョン
イタリアの彫刻家,メダル彫刻作家。シチリアからフランスアビニョンにかけて活躍。肖像彫刻が多く,作品は彫刻『バティスタ・スフォルツァ夫人像』 (フィレンツェバルジェロ国立美術館) など。

ラウラーナ
Laurana, Luciano

[生]1420頃.ダルマチア
[没]1479. ペザロ
イタリアの建築家。ダルマチア地方 (現クロアチア) の出身。 1465~72年,ウルビノ公フェデリーゴ・ダ・モンテフェルトロに招かれて,ウルビノのパラッツォ・ドゥカーレの建築監督をつとめ,双塔のあるファサード,中庭のギャラリーなどを設計。 76年以後,ペザロのロッカ・コンスタンツァを建造した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラウラーナ

イタリアの彫刻家,建築家。イタリア国内だけでなくフランスでも広く活動,ルネサンス様式をフランスに伝えた点で重要。初期の伝記は不詳で,ナポリ凱旋門が年記のある最初の作品。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラウラーナ【Luciano Laurana】

?‐1479
ダルマツィア地方(現,ユーゴスラビア西部の海岸地帯)で生まれ,イタリアで活動したルネサンス時代の建築家。その生涯と作品については不明な部分が多い。生年は1420年と25年の間とされる。マントバペーザロを遍歴したのち,1465‐72年ウルビノ公フェデリコ・ダ・モンテフェルトロに仕え,パラッツォ・ドゥカーレの改修に従事,ファサード,居室部分,中庭柱廊等を建設し,工事を引き継いだフランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニに大きな感化を残した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラウラーナの関連キーワードフランチェスコ・ディ・ジョルジョアントネロ・ダ・メッシナカステル・ヌオーボ記念門ラファエッロ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android