コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラショウモンカズラ

2件 の用語解説(ラショウモンカズラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラショウモンカズラ

シソ科の多年草。本州〜九州,東アジアの山地のやや日陰にはえる。茎は地をはい,高さ20〜30cmの花茎を出す。葉は対生し,卵形で長い柄がある。春,上部の葉腋に大型で紫色の唇形(しんけい)花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラショウモンカズラ
らしょうもんかずら / 羅生門蔓
[学]Meehania urticifolia (Miq.) Makino

シソ科の多年草。花茎は、断面は四角形で、横にはった地下茎から立ち上がり、高さ20~30センチメートル、花期後に、下部から葉をつけた長い走出枝を伸ばす。葉は対生し、卵心形で縁(へり)に粗い鋸歯(きょし)があり、下部のものは長い葉柄があるが、上部のものは葉柄がなく、包葉になる。4~5月、茎上部に一方向に向いてまばらな花序をつくり、紫色花を開く。花冠は長さ4~5センチメートル、下半部は細い筒形となり、上半部は急に広がって先は唇形となる。下唇は3裂して広がり、喉(こう)部に長い毛がある。萼(がく)は筒状で5歯がある。山の林下に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国北部に分布する。名は、花の形を、渡辺綱(わたなべのつな)が京都の羅生門で切った鬼女の腕に見立てたものである。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラショウモンカズラの関連キーワードアケビツワブキヨモギコレウス荏胡麻鈴香薷オニユリフキヨメナエヒメアヤメ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラショウモンカズラの関連情報