コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスカサス Bartolomé de Las Casas

デジタル大辞泉の解説

ラスカサス(Bartolomé de Las Casas)

[1474~1566]スペインの聖職者。スペイン領西インド諸島、メキシコで布教活動に従事する。スペイン人による植民地先住民虐待の実態を見てその救済に立ち上がり、エンコミエンダ制の廃止を訴えた。主著「インディアス史」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ラスカサス【Bartolomé de Las Casas】

1484~1566) スペインの聖職者。スペイン植民地でのインディオに対するスペイン人の残虐な扱いに衝撃を受け、インディオの救済のためにエンコミエンダ制の廃止を主張。晩年は人種を超えた万人の平等を唱えたことで知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ラスカサスの関連キーワードトゥストラグティエレスインディオ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android