コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスカー・シューラー ラスカーシューラー

2件 の用語解説(ラスカー・シューラーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラスカー・シューラー

ドイツのユダヤ系女性詩人。表現主義運動に加わり,ユダヤ人あこがれと嘆きを独特な幻想をもって表現。亡命先のイスラエルで窮死。作品は《ヘブライバラーデ》(1913年),《私の青いピアノ》(1943年)などの詩集のほか戯曲や散文。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラスカー・シューラー
らすかーしゅーらー
Else Lasker-Schler
(1869―1945)

ユダヤ系ドイツの女流詩人。ウッパータール・エルバーフェルト生まれ。表現主義詩人として出発し、早くから特異な才能を認められてベルリン文壇に君臨、1933年スイスチューリヒへ亡命、しばしばエルサレムへ旅行、37年以降エルサレムに定住、そこで死去した。その詩にはユダヤ民族の宗教性、性的幻想、ドイツの文化と風土への愛が混ざり合う。詩集『聖別の日』(1905)、『わが奇蹟(きせき)』(1911)、『ヘブライのバラード』(1913)、『わたしの青いピアノ』(1943)、戯曲『ブッパー川』(1909)など。[神品友子]
『神品芳夫訳『わたしの青いピアノ』(『現代世界文学の発見4 亡命とユダヤ人』所収・1970・学芸書林)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラスカー・シューラーの関連キーワードアレントザックスさまよえるユダヤ人ジンメルトラーノルデ表現主義デーブリーンネオナチズムビルケナウ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone