コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスパイユ ラスパイユRaspail, François-Vincent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスパイユ
Raspail, François-Vincent

[生]1794.1.29. ボークリューズ,カルパントラ
[没]1878.1.8. バルドマルヌ,アルクイユ
フランスの化学者,政治家。 1812年アビニョンで神学の代用教員となったが,王党派の迫害を逃れ,パリに出て諸科学の研究に専念。その寄生物理論はのちの微生物理論に発展していく基礎となり,また民衆の衛生観念の向上にも寄与した。政治家としては共和派に属し,七月革命 (1830) ,二月革命 (48) に参加,パリ市庁で共和政を宣言した。新聞『民衆の友』L'Ami du peupleを創刊,ラスパイユ・クラブを創設,ポーランドの独立運動を援助する国会請願デモを組織し逮捕された。第二帝政に反対して追放され,63年までベルギーに滞在。 69年議員に選出され普仏戦争に反対した。パリ・コミューンには参加しなかったが,ベルサイユ軍によるコミューン弾圧を非難して投獄された。 77年マルセイユ選出議員となり極左派に位置した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラスパイユ【François Vincent Raspail】

1794‐1878
フランスの革命的共和主義者。化学者,医学者でもあり,大衆的な医療法を広めた点でも注目される。3年間アビニョンの神学校に学び,神学を教えることになっていたが,1813年にナポレオンを賛美する言動を明らかにしたため,王政復古後に職を失った。パリに出て医学を学び医学研究に従うと同時に,22年にはカルボナリ党一員となった。七月革命の後,人民の友協会議長として共和主義運動に身を投じ,34年まで活動を続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラスパイユ
らすぱいゆ
Franois Vincent Raspail
(1794―1878)

フランスの革命家、政治家、科学者。1824年から思想、自然科学関係の著書を発表、1830年七月革命の市街戦に参加。その後「人民の友社」「人権協会」などの革命結社に加盟、共和派左翼として七月王政と戦い、投獄、追放などの刑を受けた。1834年『レフォルマトゥール』(改革者)紙を創刊、労働者の苦痛を描き、その救済を主張、大衆の間に人気を博した。七月王政末期の改革運動を推進し、1848年の二月革命に参加、パリ市庁舎で共和制を宣言した。その後『ラミ・デュ・プープル』(人民の友)紙を創刊。「ラスパイユ・クラブ」を結成し、穏和共和派の第二共和政と対決、5月15日の社会主義者の反乱に加担、ブランキ、バルベスらとともに逮捕され、12月の第二共和国大統領選挙に革命的社会主義者の候補に推されたが、大敗した。翌1849年ベルギーに亡命。1863年に帰国、1869年には立法院議員に当選したが、第二帝政崩壊後に起こった1871年のパリ・コミューンには参加しなかった。晩年は国会議員としてコミューン派の大赦のために尽力した。[桂 圭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ラスパイユ

生年月日:1794年1月29日
フランスの化学者,政治家
1878年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のラスパイユの言及

【人民の友協会】より

…1830年,七月革命のさなか結成され,革命直後から活発な宣伝活動を展開したが,その〈宣言〉は,政治的諸制度の改革とともに,協会の目的として〈下層階級の物質的精神的状態の改善〉をかかげ,社会問題・労働問題に取り組む姿勢を明らかにした。31年議長となったラスパイユFrançois‐Vincent Raspail(1794‐1878)は,宣伝活動とともに,労働者に対する無料教育講座の開設,医療奉仕など新たな形態の活動を組織し,労働者階級に徐々に影響力を拡大しつつあったが,たびかさなる指導者の逮捕により,32年6月,ラマルクの葬儀の蜂起後には事実上活動は麻痺し,同年末,解体に追い込まれた。主要メンバーとしては,E.L.G.カベニャック,L.A.ブランキ,E.アラゴらが名を連ねるが,労働者の加入は少なかった。…

【人民の友協会】より

…1830年,七月革命のさなか結成され,革命直後から活発な宣伝活動を展開したが,その〈宣言〉は,政治的諸制度の改革とともに,協会の目的として〈下層階級の物質的精神的状態の改善〉をかかげ,社会問題・労働問題に取り組む姿勢を明らかにした。31年議長となったラスパイユFrançois‐Vincent Raspail(1794‐1878)は,宣伝活動とともに,労働者に対する無料教育講座の開設,医療奉仕など新たな形態の活動を組織し,労働者階級に徐々に影響力を拡大しつつあったが,たびかさなる指導者の逮捕により,32年6月,ラマルクの葬儀の蜂起後には事実上活動は麻痺し,同年末,解体に追い込まれた。主要メンバーとしては,E.L.G.カベニャック,L.A.ブランキ,E.アラゴらが名を連ねるが,労働者の加入は少なかった。…

※「ラスパイユ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラスパイユの関連キーワード人間の権利協会生年月日改革宴会

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android