コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテンアメリカ音楽 ラテンアメリカおんがく

2件 の用語解説(ラテンアメリカ音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテンアメリカ音楽
ラテンアメリカおんがく

中南米音楽」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラテンアメリカ音楽
らてんあめりかおんがく

一般には、メキシコ以南の中米・南米諸国の音楽をいう。日本ではラテン音楽中南米音楽、あるいはフォルクローレとよばれることもある。ただし、日本語でフォルクローレというときは、南米のスペイン語圏国の音楽に限定してさす場合もある。[田井竜一]

特色

多種多様なラテンアメリカ音楽の特色をひとことでいえば、「融合」の音楽ということができよう。すなわちそれは、先住民であるインディオ、16世紀以来この地に進出してきた白人、アフリカから労働力として連れてこられた黒人の三様の音楽が長い年月を経て、さまざまに融合した結果生まれてきた独自の音楽なのである。また、人々の暮らしに根づいた音楽として伝承されているものもある一方、作詞作曲された都会的な性格のものも多く、両者の差が本質的にあまりないことも特色としてあげることができよう。
 さらに、単に一地域の音楽としてではなく、まさにコスモポリタンな音楽として、全世界の音楽界に多大な影響を与え続けてきたことを強調しなければならない。たとえば過去における、ハバネラhabanera、タンゴtango、ルンバrumba、サンバsamba、サルサsalsa、マンボmambo、メレンゲmerengue、レゲエreggaeなどの世界的流行は、そうした例の一端である。今日、とくにポピュラー音楽の世界においては、ラテンアメリカ音楽の影響を受けていないものを探し出すほうがむずかしい状況である。1990年代には、キューバのベテラン・ミュージシャンたちによる『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(アルバムおよび映画)の世界的ヒットにより、キューバ音楽がふたたびブームになるなど、ラテンアメリカ音楽は世界の音楽界につねに刺激を与えている。[田井竜一]

担い手とその音楽

現在のラテンアメリカ音楽の担い手は、インディオ、およびインディオと白人との混血であるメスティソ、黒人、および黒人と白人との混血であるムラート、中南米生まれの白人であるクリオーリョである。
 現在純粋なインディオの音楽は一部の地域にしか伝承されていないが、そこには半音のない五音音階や2拍子系のリズム、反復の多い旋律、曲の進行とともに速くなるテンポ、とくにアンデス地方におけるインカ時代の音楽の系統を引く叙情歌曲ヤラビyaraviや、2/4拍子系の舞曲ウァイニョhuaioの形式など、伝統的な要素をみいだすことができる。
 メスティソの音楽は、スペイン、ポルトガルの都会的大衆音楽とインディオの音楽が融合・発展した音楽である。3/4拍子と6/8拍子の複合形が特徴的で、アルゼンチンのビダーラvidalaやチリのトナーダtonadaといった叙情歌、メキシコのソンsonやペルーのサマクエカzamacueca、コロンビアのバンブーコbambucoといった舞曲などもこうしたリズムによっている。またそのほかの特色として、甘美さ・情熱に加えて哀愁も感じさせる旋律、平行3度のハーモニー感覚、スペイン伝来の韻律法、ギター類の多用などがあげられる。
 黒人本来の音楽としては、ハイチやキューバにブーズー教儀式の音楽が伝承されている。しかし黒人ないしムラートの音楽の最大の貢献は、シンコペーションの多い2拍子系の舞曲ないしはリズムを多数生み出してきたことであろう。ブラジルのサンバやキューバのハバネラ、ドミニカのメレンゲやパナマのタンボリートtamboritoなどはそうしたものの一例である。それらのなかには、ラテンアメリカ以外の地域にも広く知れ渡るようになったものも多い。またこうしたリズムを使用した、打楽器によるアンサンブルも特筆すべきものである。
 クリオーリョの音楽としては、キューバの語物(かたりもの)的歌謡グァヒーラguajira、ブラジル・アマゾン川流域の田舎(いなか)町で歌われる歌謡セルタネージャsertaneja、アルゼンチン、チリ、ベネズエラなどに伝承されているヨーロッパ的な旋律をよく保存した農作業や牧畜の歌などがあげられる。
 以上、担い手別にあげてきたが、前述のようにこれらの音楽は孤立して存在しているのではなく、互いに影響し合いながら今日の豊かなラテンアメリカ音楽を生み出してきたのである。[田井竜一]

楽器

現在使用されている楽器のうち、インディオが本来もっていたと思われるものに、カーニャという植物でできた尺八式吹口(ふきぐち)の縦笛ケーナquena、同じくカーニャ製のリコーダー式吹口をもった縦笛ピンクージョpinkullo、木製の縦笛タルカtarka、パンパイプスのシークsiku(あるいはアンタラantara)、木の幹をくりぬいた大形両面鼓のボンボbombo、手首から吊(つ)るしてたたく小形太鼓のカーハcaja(あるいはティンヤtinya)、マラカスmaracas類などがある。ヨーロッパから伝えられた楽器が改良・工夫されて使用されているものとしては、さまざまな種類のギター(特殊なものとして、アルマジロの甲らを共鳴胴に使用した複弦小形のチャランゴcharangoがある)、小形ハープのアルパarpaなどがある。また黒人系の楽器としては、中米でよく使用される木琴の一種マリンバmarimbaやギロgiro、コンガcongaなどのさまざまな打楽器類をあげることができる。そのほか、バイオリン、トランペット、アコーディオンなどの西洋楽器も使用される。[田井竜一]

新しい歌

1960年代以降ラテンアメリカ諸国において、「新しい歌(ヌエバ・カンシオン)」nueva cancinとよばれるジャンルの音楽が注目を浴びるようになってきた。これは、かならずしも恵まれているとはいえないラテンアメリカ諸国の政治・社会的現実を直視し、民衆へのメッセージを歌い込んでいこうとするものである。代表的歌手として、チリのビクトル・ハラVictor Jara(1938―73)やアルゼンチンのメルセデス・ソーサMercedes Sosa(1935―2009)らをあげることができる。彼らの歌は単なる政治的プロパガンダを超えた人間性にあふれたものであり、ラテンアメリカのみならず全世界の人々に共感を与えている。[田井竜一]
『浜田滋郎著『エル・フォルクローレ』(1980・晶文社) ▽浜田滋郎他著『事典 ラテン・アメリカの音楽』(1984・冬樹社) ▽竹村淳・河村要助著『ラテン音楽パラダイス』(1992・日本放送出版協会) ▽「ラテンアメリカの音楽と楽器」編集委員会編『ラテンアメリカの音楽と楽器』(1995・NHKきんきメディアプラン) ▽東琢磨編『カリブ・ラテンアメリカ 音の地図』(2002・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラテンアメリカ音楽の関連情報