コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラバーブ ラバーブ rabāb

6件 の用語解説(ラバーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバーブ
ラバーブ
rabāb

アラブ語で擦弦楽器一般を意味する。イスラム圏の各地のいろいろな形の弓奏楽器がこの名で呼ばれているが,特に次の楽器が代表的。 (1) 舟の形で皮張りの胴と,それと一続きの太い棹をもつ短い2弦のもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラバーブ(〈アラビア〉rabāb)

アラビアを起源とし、北アフリカから東南アジアまで広く分布する擦弦楽器。弦は1~3本で弓で奏する。撥弦(はつげん)式のものもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラバーブ

アジア,アフリカのイスラム文化圏およびその影響圏で,さまざまに異なった種類の弦楽器に使われるアラビア語の名称。元来弓奏リュートを指す語であったが,撥弦楽器も含む。
→関連項目カマーンチェ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラバーブ【rabāb[アラビア]】

アジア・アフリカのイスラム文化圏で用いられるリュート型弦楽器の名。この名およびルバーブレワーブロバーブなどその変形で呼ばれる弦楽器は構造上1種類に限定されず,地方によってさまざまであるが,共通していえることは,共鳴胴の腹面に動物の革が張られていること,そして大部分が弓奏楽器であることである。第1のタイプは,日本の胡弓のように,長い棹が四辺形または円形の共鳴胴を横から貫通しているもので,アラブベドウィンが用いる1弦のラバーブ・アッシャーイルrabāb al‐sha‘ir(詩人の胡弓)(イラスト)はその代表的なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラバーブ【rabāb】

アラブの擦弦楽器。皮張りの胴に羊の腸の弦を二本張り、馬の尾を張った弓で奏する。ヨーロッパのバイオリン属の原型で、東方にも伝わった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラバーブ
らばーぶ
rabbアラビア語

イスラム諸国を中心に広範囲に分布するリュート弦鳴楽器の総称。弓奏ラバーブと撥弦(はつげん)ラバーブとに大別される。
 弓奏ラバーブの代表は、長い棹(さお)が胴を貫いて脚棒として下に突き出したスパイク・フィドル型で、北アフリカ、西アジア、東南アジアにみられる。木、ヒョウタン、ヤシの殻などでつくられる共鳴胴の形は長方形、半球形、逆三角形とさまざまで、表面には羊や水牛の皮膜が張られる。弦(おもに金属製)の数は1~3本で、奏者は脚棒を膝(ひざ)や床の上に置いて垂直に構え、馬の尾毛などを張った弓で擦弦する。また北アフリカには、木製舟形胴をもつ短い棹の弓奏ラバーブ(2本の羊腸弦)もみられる。
 撥弦ラバーブには、中央アジアの突起胴で長い棹をもつタイプと、アフガニスタンや南アジアのくびれ胴で短い棹をもつタイプとがある。前者には5~6本の旋律弦、後者には3~6本の旋律弦、2~4本の持続弦、10本前後の共鳴弦が張られ、どのタイプも小さな木製プレクトラム(義甲)で撥弦される。[山田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラバーブの言及

【カマーンチェ】より

…奏者は棹の先端(中子先(なかごさき))を左膝上につけて楽器を支え,中国や日本の胡弓のごとく,右手の掌を上向きにして弓を持ち毛の張力を加減しながら左右にこする。これとほぼ同形の楽器がまた地方によって別名で呼ばれることもあり,ギチャク(アフガニスタン),ジョーザ(イラク),ウクルグ(トルコ),ラバーブ(エジプト)などがその代表的なもの。 トルコのケメンチェはカマーンチェのトルコ語形であるが,楽器の形態はいちじるしく異なり,西洋梨を縦割りにしたような形のネック型リュートである。…

※「ラバーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラバーブの関連キーワードイスラム哲学カピチュレーションアジアアフリカ会議アジア象アフリカ舞舞アフロ中央アジアのイスラムアジア・アフリカ会議アジア・アフリカ作家会議アジア・アフリカ言語文化研究所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラバーブの関連情報