コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラロトンガ条約 ラロトンガじょうやく

百科事典マイペディアの解説

ラロトンガ条約【ラロトンガじょうやく】

南太平洋非核地帯条約の通称。ラロトンガRarotongaとはこの条約が署名されたクック諸島の地名。1985年8月に採択され,1986年12月に発効。この地域では米英仏3国により300回前後の原水爆の実験が行われ,これに危機意識を持つ南太平洋フォーラムSPF)のイニシアティブにより実現。
→関連項目核拡散防止条約非核独立太平洋会議

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ラロトンガじょうやく【ラロトンガ条約】

南太平洋非核地帯条約。1985年ラロトンガで採択。いかなる目的であっても、南太平洋地域での核爆発、核爆発装置の製造・配置・実験と放射性物質の海洋投棄を禁止。 SPNFZ 条約。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラロトンガ条約
ラロトンガじょうやく

南太平洋非核地帯条約」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラロトンガ条約の関連キーワードオセアニア史(年表)太平洋諸島フォーラムフランス史(年表)ラロトンガ[島]核兵器禁止地域非核地帯構想ムルロア環礁海洋投棄核爆発核兵器

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android