コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラワルピンディ ラワルピンディ Rawalpindi

4件 の用語解説(ラワルピンディの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラワルピンディ(Rawalpindi)

パキスタン北東部、パンジャブ州商業都市。古くから交易の拠点として栄え、英国統治時代には西インド最大の軍事拠点となり、現在はパキスタン軍司令部が置かれる。首都イスラマバード建設中の1959~1969年には暫定的首都。精油工業も行われる。人口、行政区141万(1998)。ラーワルピンディー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラワルピンディ

パキスタン北東部の都市。鉄道の要地で,車両,鉄鋼,化学,精油,家具,製粉などの工業が行われる。1849年英領となって以後軍事上の要地として発展,現在陸軍総司令部所在地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ラワルピンディ【Rawalpindi】

パキスタン北東部の都市。イスラマバードの南隣にあり、小麦・羊毛などの集散が盛ん。精油工業も発達。ラワルピンジ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラワルピンディ
らわるぴんでぃ
Rawalpindi

パキスタン北部、パンジャーブ州北西端にある都市。人口140万6214(1998)。パンジャーブ地方からカイバー峠を経てアフガニスタンに至る交通路と、カシミールに至る交通路の交会点として、独立以前には交通・軍事上の要衝であった。イギリス領時代には帝政ロシア南下政策に備えるため、インド最大の軍事基地が置かれた。現在もパキスタン軍司令部が所在する。北方の旧市と南方の新市からなり、旧市には農産物や各種消費財を集散するバザールが連なり、新市には兵営地区、官庁、高級住宅地が広がっている。新首都イスラマバード建設中の1959~70年には、暫定的に首都となった。周辺には、兵器、電機、化学などの諸工業が立地し、また南西方のドゥーリア油田からパイプラインで供給される原油をもとに、石油精製所も建設されている。市の外延的拡大とともに、南西約10キロメートルにあるイスラマバードと合体した複合都市へと成長しつつある。[応地利明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラワルピンディの関連キーワードイスラマバードハイデラバードパキスタンムルタン東パキスタンカンダハルИстаравшанイスラマーバード部族地域パキスタンとイスラム教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラワルピンディの関連情報