ランゴバルド王国(読み)ランゴバルドおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

ランゴバルドおうこく【ランゴバルド王国】

ゲルマン人の一部族であるランゴバルド族(ランゴバルト族)Langobardenが,568年に北イタリアのロンバルディア地方に侵入,建国した王国。その版図は最盛期には中部イタリアから南イタリアに及んだが,774年フランク王国のカール大帝の征服によって滅亡した。ロンバルディア王国とも呼ばれる。紀元前1世紀の末以来エルベ川下流域に移住していたランゴバルド族が南下を開始するのは5世紀初期のことで,長期にわたる放浪の過程で他部族や他民族の残留者を加えながら6世紀初期にパンノニアに入って,その地に半遊牧の騎馬部族国家を建てた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランゴバルド王国
らんごばるどおうこく

古ゲルマン民族の一派であるランゴバルドLangobard人がイタリアに侵入して建てた王国。ロンバルディア王国ともいう。ランゴバルド人の原住地はエルベ川下流域であるが、2世紀中ごろにはドナウ川方面、5世紀後半には下オーストリア、6世紀中ごろにはノリクム、パンノニア地方に移り、さらに東方からアバール人の攻撃を受けたのを契機に、568年、アルボイン王に率いられてイタリアに侵入、パビーアを首都として、ポー川流域のロンバルディア地方に部族王国を建てた。
 その後南方に勢力を広げ、トスカナから、さらに南イタリアのスポレト、ベネベント地方にまで及んだが、各地に豪族を配置したため、独立性の強い諸公国が形成され、アルボインの後継者クレフ王が殺害されたのちは、35人の大公に支配される諸公国が併存するような事態となった。フランク王国の脅威が強まるにつれ、584年、アウタリ王のもとで王制が復活し、諸侯権力の抑圧、王権の強化が図られたが、大諸侯の力は依然強く、8世紀前半、リウトプランド王がスポレト、ベネベント両公国を破った結果、ようやく王権が伸張した。
 その後アイストゥルフ王はさらにビザンティン領ラベンナを併合、ついでローマを脅かしたが、これがローマ教皇の救援要請にこたえたフランク国王ピピン(小)の干渉を招き、さらにデシデリウス王と教皇との確執を口実に、フランク国王カール(後の大帝)もイタリアに侵入した。774年デシデリウスは捕らえられて、ランゴバルド王国はフランク王国に併合され、滅亡した。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のランゴバルド王国の言及

【イタリア王国】より

…イタリアという地域が王国という一つの政治単位を構成するという観念がいつ生じたかを知ることは難しい。西ローマ帝国崩壊後,北イタリアに生まれた東ゴート王国,ランゴバルド王国は,それぞれ部族国家,つまりゴート族やランゴバルド族の国家であった。しかし,ランゴバルドを征服し,800年に皇帝に即位したカロリング家のカール大帝の場合は事情が異なる。…

※「ランゴバルド王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android