コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランツフート ランツフートLandshut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランツフート
Landshut

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ミュンヘンの北東約 60km,イーザル川沿いに位置する。 1204年に建設され,79年に都市権を獲得。 1503年まではバイエルン公家の居所であった。同家のトラウスニッツ城 (13~16世紀) ,世界で最も高い煉瓦造の尖塔の一つをもつゴシック様式のザンクト・マルティン聖堂 (1389~1450) など中世の建物が多い。古くから醸造,製粉,たばこ製造などが盛んであるが,第2次世界大戦後に旧東ドイツなどからの移住者1万 2000人以上を受け入れて電子,機械などの工業が新たに興った。人口5万 9066 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ランツフート【Landshut】

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。人口6万(1991)。ミュンヘンの北東約65km,イザール川沿岸にある。1204年バイエルン大公ルートウィヒ1世が建設。32年にはバイエルン最初のシトー会女子修道院,ゼーリゲンタール修道院がこの地に創建された。79年,都市法を得る。1255‐1340年,1392‐1503年,大公家の居住地であった。1800年ごろ‐26年,ミュンヘン大学の前身バイエルン大学が置かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランツフート
らんつふーと
Landshut

ドイツ南東部、バイエルン州、イザール川に臨む都市。人口5万8700(2000)。1204年にバイエルン・ランツフート公の居城地となり、これが地名の由来である。1279年に都市の勅許を得、のち周辺の農業地域の中心地として発展した。現在、ニーダーバイエルン県の県庁所在地で、多くの官庁があるほか、農機具、織物、食品、醸造、電気などの工業が発達している。14~15世紀に建てられた聖マルティン教会、12~13世紀のトラウスニッツ城などが残る美しい町で、1475年のゲオルク公の結婚を記念した祝祭劇が3年ごとに上演されることでも知られている。[石井英也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ランツフートの関連キーワードフォイエルバハ(Paul Johann Anselm von Feuerbach)フォイエルバハ(Ludwig Andreas Feuerbach)マックス・F.フォン オッペンハイムハンス・フォン・ブルクハウゼンマックス スレーフォークトルートウィヒ9世(富裕公)ロマン ヘルツォークランツフートの結婚式ベルンカステルクースインゴルシュタットフォイエルバハ美しき惑いの年スレフォークトハレンキルヘヘルツォークアピアヌスカロッサシュペル

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランツフートの関連情報