コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランドー Landor, Walter Savage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランドー
Landor, Walter Savage

[生]1775.1.30. ウォリック
[没]1864.9.17. フィレンツェ
イギリスの詩人。激しい気性で,オックスフォード大学を放校になったのちも周囲に争いが絶えず,20年余をイタリアで過した。悲劇『ジュリアン伯爵』 Count Julian (1812) のほか,牧歌,抒情詩,警句などを集めた『ギリシア人』 Hellenics (47) ,『ローマ人』 Italics (48) ,『英雄牧歌』 Heroic Idylls (63) などの作品がある。彼の詩は形式と主題を古典に負い,整然とした明晰な文体をもち,ときに風刺的な調子を帯びる。しかし最もよく知られた作品は散文による『想像の対話』 Imaginary Conversations of Literary Men and Statesmen (24~28) ,『想像の対話-ギリシア・ローマ編』 Imaginary Conversations of Greeks and Romans (53) である。エピキュロスから G.ワシントンまで,さまざまな時代の人物が登場して,政治,社会,文学上の問題について語り合い,ランドーの見解を代弁するが,ここでも古典に精通した端正で明快な文体が精彩を放っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ランドー

英国の詩人,批評家各地転々とした後,1815年以後多くはイタリアに住む。古典に通暁し,さまざまな人物を登場させる《空想対話編》(1824年―1829年)が代表的散文作品。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ランドー【Walter Savage Landor】

1775‐1864
イギリスの詩人,散文家。学校当局と衝突してオックスフォード大学を中退。旧家の出で財産があったため職につかず,後半生はイタリアのフィレンツェで送った。深い古典の教養の持主であったが貴族趣味で気難しく,多くの知友とけんか別れをする一方,その一徹で誇り高い気質で尊敬もされた。詩人としてはロマン的な長詩歴史劇の大作があるが現在では忘れられ,むしろ整った形式と高雅な語法を用いたいくつかの短詩によって記憶されるにすぎない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランドー
らんどー
Walter Savage Landor
(1775―1864)

イギリスの詩人。短気で争い好きな性格からオックスフォード大学を追われ、生涯を放浪に費やしてフィレンツェで客死。処女作の長編物語詩『ジーバー』(1798)をはじめ、多くの詩や戯曲を書いたがあまり認められず、死後はむしろ、古今の著名人の対話を空想してつくりあげた散文の異色作『架空対話集』五巻(1824―29)の著者として知られている。時代としてはロマン主義に属するが、その深い古典的教養と伝統的詩風のゆえに、時流から離れた一種特異な位置を占めている。[上島建吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ランドーの関連キーワードドクターX~外科医・大門未知子~ギルティ 悪魔と契約した女ラヴァーズ・コンチェルトアーネスト ボーグナインランドール ギャレットサックビル・ウェストパパとムスメの7日間サックビル=ウェストジョージ ギャレットブルース ターナーキャサリン ヘイルマティ マトロック続・夜の大捜査線サリー ポッターリサ ランドールランドール報告エランドール賞貫地谷しほり速水もこみちエド・ウッド

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランドーの関連情報