コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランドー ランドー Landor, Walter Savage

4件 の用語解説(ランドーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランドー
ランドー
Landor, Walter Savage

[生]1775.1.30. ウォリック
[没]1864.9.17. フィレンツェ
イギリスの詩人。激しい気性で,オックスフォード大学を放校になったのちも周囲に争いが絶えず,20年余をイタリアで過した。悲劇『ジュリアン伯爵』 Count Julian (1812) のほか,牧歌,抒情詩,警句などを集めた『ギリシア人』 Hellenics (47) ,『ローマ人』 Italics (48) ,『英雄牧歌』 Heroic Idylls (63) などの作品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ランドー

英国の詩人,批評家。各地を転々とした後,1815年以後多くはイタリアに住む。古典に通暁し,さまざまな人物を登場させる《空想対話編》(1824年―1829年)が代表的散文作品。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ランドー【Walter Savage Landor】

1775‐1864
イギリスの詩人,散文家。学校当局と衝突してオックスフォード大学を中退。旧家の出で財産があったため職につかず,後半生はイタリアのフィレンツェで送った。深い古典の教養の持主であったが貴族趣味で気難しく,多くの知友とけんか別れをする一方,その一徹で誇り高い気質で尊敬もされた。詩人としてはロマン的な長詩や歴史劇の大作があるが現在では忘れられ,むしろ整った形式と高雅な語法を用いたいくつかの短詩によって記憶されるにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランドー
らんどー
Walter Savage Landor
(1775―1864)

イギリスの詩人。短気で争い好きな性格からオックスフォード大学を追われ、生涯を放浪に費やしてフィレンツェで客死。処女作の長編物語詩『ジーバー』(1798)をはじめ、多くの詩や戯曲を書いたがあまり認められず、死後はむしろ、古今の著名人の対話を空想してつくりあげた散文の異色作『架空対話集』五巻(1824―29)の著者として知られている。時代としてはロマン主義に属するが、その深い古典的教養と伝統的詩風のゆえに、時流から離れた一種特異な位置を占めている。[上島建吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランドーの関連キーワードウォリスウォリックウォリアーウォリック城メタフォリッククラブウォリアーズドンウォリー!ズーフォリック岩ハイパーフォリック変化ブラック・ウォリアー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランドーの関連情報