コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ボエーム(英語表記)La Bohème

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・ボエーム
La Bohème

ジャコモ・プッチーニ作曲の 4幕のオペラ。1896年トリノ初演。台本はアンリ・ミュルジェールの小説に基づき,ジュゼッペ・ジャコーザとルイジ・イリカが作成。1830年頃のパリを舞台に,貧しい芸術家たちの友情と悲恋を描いたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・ボエーム

プッチーニの4幕のオペラ。1894年−1895年に作曲され,1896年トリノで初演(指揮はトスカニーニ)。原作はフランスの作家H.ミュルジェ(ミュルジェール)〔1822-1861〕の短編集《ボヘミアン(ボエーム)の生活情景》(1851年出版)。1830年ころのパリを舞台に,カルチェ・ラタンに暮らすボヘミアン詩人ロドルフォと薄幸の娘ミミの悲恋を詩情豊かに描く。→レオンカバロ
→関連項目パバロッティ藤原歌劇団

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ラ・ボエーム

イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニのイタリア語による全4幕のオペラ(1896)。原題《La Bohème》。『ボエーム』とも呼ばれる。19世紀のパリを舞台にし、詩人ロドルフォと薄幸の女性ミミの悲恋を描いた作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ラ・ボエームの関連情報