コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ボエーム La Bohème

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・ボエーム
La Bohème

ジャコモ・プッチーニ作曲の 4幕のオペラ。1896年トリノ初演。台本はアンリ・ミュルジェールの小説に基づき,ジュゼッペ・ジャコーザとルイジ・イリカが作成。1830年頃のパリを舞台に,貧しい芸術家たちの友情と悲恋を描いたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・ボエーム

プッチーニの4幕のオペラ。1894年−1895年に作曲され,1896年トリノで初演(指揮はトスカニーニ)。原作はフランスの作家H.ミュルジェ(ミュルジェール)〔1822-1861〕の短編集《ボヘミアン(ボエーム)の生活情景》(1851年出版)。
→関連項目パバロッティ藤原歌劇団

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ラ・ボエーム

イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニのイタリア語による全4幕のオペラ(1896)。原題《La Bohème》。『ボエーム』とも呼ばれる。19世紀のパリを舞台にし、詩人ロドルフォと薄幸の女性ミミの悲恋を描いた作品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・ボエーム
らぼえーむ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラ・ボエームの関連キーワードエットーレ バスティアニーニマリウシュ クヴィエチェンタケシャ・メシェ キザールアンジェラ ゲオルギウスザンナ フィリップスアントニオ パッパーノリチア アルバネーゼデ・ロス・アンヘレスデ・ロス・アンヘレスヨナス カウフマンデービッド ミラーサリー ポッターアラン タイトスG. プッチーニボー スコウフスカルロス マリンレオンカバッロバズ ラーマンアズナブールおぎのきみ子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラ・ボエームの関連情報