コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・メトリ ラ・メトリ La Mettrie(Lamettrie), Julien Offroy de

3件 の用語解説(ラ・メトリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・メトリ
ラ・メトリ
La Mettrie(Lamettrie), Julien Offroy de

[生]1709.12.25. サンマロ
[没]1751.11.11. ベルリン
フランスの医者,唯物論哲学者。パリ大学で医学を学び,1733年ライデンで H.ボールハーベに師事して大きな影響を受けた。 45年心的現象を肉体的神経的変化に還元した『魂の博物学』 Histoire naturelle de l'âmeを発表して非難を呼び,オランダに逃れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラ・メトリ

フランスの哲学者,医師。啓蒙期の代表的唯物論者。デカルトの動物機械説を人間にも適用した主著《人間機械論》(1748年)で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・メトリ
らめとり
Julien Offroy de La Mettrie
(1709―1751)

フランスの医師、唯物論者。サン・マロに裕福な商人の子として生まれる。門に入るためヤンセン派ジャンセニズム)の学校で教育を受けたが、やがて神学を嫌って医学に転じ、オランダのライデンでブールハーフェの教育を受ける。ブールハーフェは人体機構の機械論的説明と動物生気説によって彼に大きな影響を与えた。1742年軍医としてフランドルでの戦闘に従軍し、このときの経験と彼自身の熱病の体験から、人間の心的活動に関する唯物論的見解を深めた。最初の哲学的著作『霊魂の自然誌』(1745)ではロックの説を受け入れて、「感覚がなければ観念はない、感覚が少なければ観念も少ない」とし、いっさいの精神活動は本質的に身体組織に依存するとした。当然、保守的な医師と教会との攻撃によって、彼は職を追われ、著書は焼き捨てられた。主著『人間機械論』(1748)が執筆されたのは、亡命先のライデンにおいてである。1748年彼はさらにドイツに逃がれ、フリードリッヒ大王(2世)の侍講として、その宮廷で生涯著述に専念した。[坂井昭宏]
『杉捷夫訳『人間機械論』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラ・メトリの関連キーワードサンマロ麒麟まろやか芋さんま火事さんまるサンマートマロン マインドカラーマンマ・ローマサンマ油サン・マロ湾マロン酸ジエチル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・メトリの関連情報