コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・メトリ La Mettrie(Lamettrie), Julien Offroy de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・メトリ
La Mettrie(Lamettrie), Julien Offroy de

[生]1709.12.25. サンマロ
[没]1751.11.11. ベルリン
フランスの医者,唯物論哲学者。パリ大学で医学を学び,1733年ライデンで H.ボールハーベに師事して大きな影響を受けた。 45年心的現象を肉体的神経的変化に還元した『魂の博物学』 Histoire naturelle de l'âmeを発表して非難を呼び,オランダに逃れた。しかし主著『人間機械論』L'Homme-machine (1747) の出版によってオランダにもいられなくなり,48年フリードリヒ大王に迎えられベルリンに行き,アカデミー会員となった。感覚的快楽を人生の目的とし,徳を自己愛に還元し,無神論を幸福の条件とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・メトリ

フランスの哲学者,医師。啓蒙期の代表的唯物論者。デカルトの動物機械説を人間にも適用した主著《人間機械論》(1748年)で知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・メトリ
らめとり
Julien Offroy de La Mettrie
(1709―1751)

フランスの医師、唯物論者。サン・マロに裕福な商人の子として生まれる。宗門に入るためヤンセン派(ジャンセニズム)の学校で教育を受けたが、やがて神学を嫌って医学に転じ、オランダのライデンでブールハーフェの教育を受ける。ブールハーフェは人体機構の機械論的説明と動物生気説によって彼に大きな影響を与えた。1742年軍医としてフランドルでの戦闘に従軍し、このときの経験と彼自身の熱病の体験から、人間の心的活動に関する唯物論的見解を深めた。最初の哲学的著作『霊魂の自然誌』(1745)ではロックの説を受け入れて、「感覚がなければ観念はない、感覚が少なければ観念も少ない」とし、いっさいの精神活動は本質的に身体組織に依存するとした。当然、保守的な医師と教会との攻撃によって、彼は職を追われ、著書は焼き捨てられた。主著『人間機械論』(1748)が執筆されたのは、亡命先のライデンにおいてである。1748年彼はさらにドイツに逃がれ、フリードリッヒ大王(2世)の侍講として、その宮廷で生涯著述に専念した。[坂井昭宏]
『杉捷夫訳『人間機械論』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラ・メトリの関連キーワード人間機械論(ラ・メトリの著書)人間機械論(哲学)機械論的唯物論12月25日ラ・メトリーフランス哲学ドルバック自然の体系生命の哲学フランス心身問題啓蒙思想カバニス生命

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android