コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーコシ ラーコシ Rákosi Mátyás

4件 の用語解説(ラーコシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーコシ
ラーコシ
Rákosi Mátyás

[生]1892.3.14. セルビア,アダ
[没]1971.2.5. ソビエト連邦ゴーリキー
ハンガリーの政治家。ハンガリー共産党書記長(在任 1945~56),首相(在任 1952~53)。ロシア戦争捕虜となったあと,1918年に帰国。1919年クン共産政権下で人民委員として社会主義生産活動に携わったが,反革命派が実権を握るとモスクワへの亡命を余儀なくされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラーコシ(Rákosi Mátyás)

[1892~1971]ハンガリーの政治家。1945年共産党書記長となり、1952年首相に就任。独裁政治を断行して反発をうけ、1956年のハンガリー動乱の際にソ連に逃れ客死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラーコシ

ハンガリーの政治家。第1次大戦中ロシアの捕虜となり共産主義の影響を受け,帰国後ハンガリー共産党創立に尽力。クンの革命失敗後亡命,コミンテルンの書記。第2次大戦後帰国,1944年党書記長,1952年首相となったが,1956年ハンガリー事件で失脚,ソ連に亡命。
→関連項目ハンガリー社会主義労働者党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーコシ
らーこし
Rkosi Mtys
(1892―1971)

ハンガリーの政治家。アダ出身。1919年のハンガリー革命の際の人民政治委員。政権崩壊後、ソ連へ亡命した。1924年に帰国し共産党再建を試みたが、1925年以降長期間投獄された。1940年に釈放されてソ連へ行き、1945年に帰国して党書記長に就任した。1952~1953年には首相をも兼任し、「小スターリン」として全権を行使した。1955年以後党内外から粛清の責任を追及する気運が強まり、それを力により抑圧しようとしたが、事態の険悪化を恐れたソ連の勧告で1956年7月に党書記長を解任され、同年秋のハンガリー事件の際にソ連に逃れた。1962年に党も除名になり、1971年にゴーリキー(ニジニー・ノブゴロド)市で客死した。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラーコシの関連キーワードセルビアセルビアモンテネグロセルビデオセルビア正教大聖堂SerbiaMontenegroゼルビアセルビアン・トリコロール・ハウンドセルビア・クロアチア語セルビア蜂起ルビア語

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone