リ(李)朝(ベトナム)(読み)リちょう

百科事典マイペディアの解説

リ(李)朝(ベトナム)【リちょう】

ベトナムの王朝。1010年太祖リ・コン・ウアン(李公薀(りこううん))によって開かれ,タンロン(昇竜)城(ハノイ)を国都に,国号をダイベト大越)と称した。辺境を征服し,仏教を保護して国威をはり,宋の侵入を撃退したが,1225年チャン(陳)朝に滅ぼされた。
→関連項目ダイベト(大越)ハノイベトナム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android