リ(李)朝(ベトナム)(読み)リちょう

百科事典マイペディアの解説

リ(李)朝(ベトナム)【リちょう】

ベトナムの王朝。1010年太祖リ・コン・ウアン(李公薀(りこううん))によって開かれ,タンロン(昇竜)城(ハノイ)を国都に,国号をダイベト大越)と称した。辺境を征服し,仏教を保護して国威をはり,宋の侵入を撃退したが,1225年チャン(陳)朝に滅ぼされた。
→関連項目ダイベト(大越)ハノイベトナム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android