リアクタンス(英語表記)reactance

翻訳|reactance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インピーダンスの虚数部。抵抗 R自己インダクタンス L ,電気容量 C が直列に接続された回路のインピーダンスは,複素数表示で ZRiX と書かれる。X は ωL-1/ωC で表され,リアクタンスという。ωは 2πf で交流の角振動数である。ωL>1/ωC の場合,リアクタンスは正で誘導性リアクタンスといい,ωL<1/ωC の場合はリアクタンスは負で容量性リアクタンスという。リアクタンスが存在すると回路の電流は,回路全体に加えられた電圧に対して位相が遅れるか,または進む。誘導性のときは電流は電圧に対して遅れ,容量性のときは進む。ωL=1/ωC を満足する場合はリアクタンスはゼロで,回路は直列共振をしているといい,このときの電流は最大で電圧と同じ位相である。共振振動数 fr である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

電気回路においてインピーダンスから抵抗分(実数部分)を除いたもの。インダクタンスによる誘導リアクタンスは周波数に比例し,静電容量による容量リアクタンスは周波数に反比例する。単位はオーム。
→関連項目減衰器

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

交流電気回路のインピーダンスŻをベクトルで表示し,RjXのように複素数表示した場合,実数部Rを電気抵抗,虚数部Xをリアクタンスという。単位はオーム(Ω)。角周波数をω(=2πffは周波数)とすると,インダクタンスLの場合,X=ωL,コンデンサーCの場合,となる。抵抗RL,Cの正列回路のインピーダンスŻは,リアクタンスXは,である。【平山 宏之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交流回路における交流(正弦波)電流の流れにくさを表す量。エネルギーを消費しない擬似的な抵抗。インピーダンスの虚数部で、サセプタンスの逆数となる。交流回路において電流の流れを妨げる要素は、抵抗、インダクタンス(誘導係数)、キャパシタンス(静電容量)の三つである。抵抗成分(おもに抵抗器)を流れる電流は、抵抗成分の両端の電圧と同位相であるのに対し、インダクター(インダクタンスを生じるもの。おもにコイル)を流れる電流は、インダクターの両端の電圧に対して位相がπ(パイ)ラジアン遅れる。またキャパシター(キャパシタンスを生じるもの。おもにコンデンサー)を流れる電流は、キャパシターの両端の電圧に対して位相がπラジアン進む。この性質は、交流理論で用いられる複素数(実数と虚数単位で表される数)表示では虚数で表される。

 インダクターによるリアクタンスを誘導性リアクタンス、キャパシターによるリアクタンスを容量性リアクタンスという。交流回路のリアクタンスは、回路中の自己インダクタンス、相互インダクタンス、キャパシタンスおよび周波数によってその値が決まる。1ボルトの交流(正弦波)電圧を加えたとき、1アンペアの交流(正弦波)電流が流れるリアクタンスを1オーム(Ω)と定めてある。記号はXで、インピーダンス(記号はZ)と抵抗成分(記号はR)との関係は、ZRjXjは虚数単位)である。

[布施 正・吉澤昌純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (reactance) 複素量で表わされるインピーダンスの虚数部分。交流抵抗のうち、コイルのインダクタンスとコンデンサーの電気容量による部分。電流の位相を変化させる。単位オーム(記号Ω)。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リアクタンスの関連情報