コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リキニウス リキニウスLicinius, Valerius Licinianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リキニウス
Licinius, Valerius Licinianus

[生]?
[没]325. テッサロニカ
ローマ皇帝 (在位 308~324) 。イリュリクムの農民出身。ガレリウスの戦友で,彼の支持により正帝に推され (308) ,パンノニアを領有。ガレリウスの死 (311) 後,そのヨーロッパの領土を併合。小アジアに進出したマクシミヌスと対峙した。 313年メディオラヌム (現ミラノ) にコンスタンチヌス1世 (大帝) と会し,彼の妹コンスタンチアを妻とした。また同年いわゆるミラノ勅令を発してキリスト教に寛容を示し,続いてキリスト教側の闘士としてマクシミヌスを打倒,西方のコンスタンチヌスと帝国を2分して,帝国の東半を支配した。しかし,コンスタンチヌスとの協調は長続きせず,やがてキリスト教迫害策に転じ,324年コンスタンチヌスに敗れテッサロニカに追放された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リキニウス【Valerius Licinianus Licinius】

?‐324
ローマ皇帝。在位308‐24年。ガレリウスの友人で,西方正帝に抜擢(ばつてき)されたが領土はイリュリクムのみだった。ガレリウスの死後バルカンを領有し,やがてガリア,イタリアを得たコンスタンティヌス1世に接近してキリスト教を公認し(〈ミラノ勅令〉,313),東方に進出してマクシミヌス・ダイアを倒す。コンスタンティヌスと帝国を二分するが不和となり,320年ころからキリスト教を弾圧,結局コンスタンティヌスとの決戦に敗れてのち処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リキニウス
りきにうす
Valerius Licinianus Licinius
(270?―324)

ローマ皇帝(在位308~324)。ダキアの農民の出身。ディオクレティアヌスとマクシミアヌスの二人の正帝退位(305)後の混乱のなかで、308年西の正帝に選ばれたが、コンスタンティヌスとマクセンティウスの争いが激化すると、後者と結んだマクシミヌス・ダイアと対立していたリキニウスは、コンスタンティヌスの妹と結婚して彼との結び付きを強めた。312年マクセンティウスが倒され、翌年リキニウスはコンスタンティヌスとともにキリスト教を公認(ミラノ勅令)、さらにマクシミヌス・ダイアを破って東方の支配権を獲得し、コンスタンティヌスと帝国統治を二分した。しかしまもなく両者の対立が強まり、320年リキニウスはキリスト教徒迫害を復活させたが、コンスタンティヌスによって攻撃された。324年に決定的敗北を被ってテッサロニキに抑留され、まもなく処刑された。[島 創平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のリキニウスの言及

【コンスタンティヌス[1世]】より

…マクセンティウスの父で引退の身のマクシミアヌスが復位を宣言してコンスタンティヌスに接近し,娘ファウスタを彼の妻とし,マクシミアヌス父子との結びつきは一時強まった。308年ガレリウスはリキニウスを正帝とし,依然として副帝の地位に据えおかれたコンスタンティヌスは同じ境遇の東方副帝マクシミヌス・ダイアとともにこの措置に不快の念を示し,おそらく310年中には自ら正帝と称するにいたった。そしてこの間彼はライン国境でフランク,アラマンニ人を撃退し,さらにマクセンティウスと不和になってガリアに逃れてきていたマクシミアヌスをマッシリアで殺し,マクセンティウスとも敵対関係に入ってゆく。…

【ローマ】より

…この法律で貴族と平民の間の身分闘争は終結したが,それまでに十二表法の制定(前451‐前450)やさまざまな法律によって平民の立場はしだいに上がってきていた。とくに前367年のリキニウス=セクスティウス法は重要で,この法によってこれ以後2人のコンスルの1人は必ず平民たることとされ,平民に最高の政務官への道が開かれたのであった。しかし実際にコンスルに就任したのは平民の最上層の家柄に限られ,これ以後は旧来の貴族ではなく,コンスルを出す平民の最上層と貴族から成る名門(ノビリス)という新しい支配層が共和政末期までローマの政治を支配した。…

※「リキニウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リキニウスの関連キーワードリキニウス‐セクスティウス法コンスタンチヌス1世(大帝)リキニウス・セクスチウス法コンスタンティヌス(大帝)コンスタンティノープル総合年表(ヨーロッパ)コンスタンチノープルラティフンディウムローマ史(年表)リキニウス法ミラノの勅令クリスプスシラヌス家ローマ史カエサルカルウスパトリキプレブスコンスル三頭政治