コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リシツキー リシツキー Lissitzky, El

4件 の用語解説(リシツキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リシツキー
リシツキー
Lissitzky, El

[生]1890.11.10. スモレンスク
[没]1941.12.30. モスクワ
ソ連の画家,デザイナー,建築家。本名 Lazar Markovich Lissitzky。ユダヤ人であったためモスクワ美術学校入学を断られ,ドイツダルムシュタット工科大学で建築を学ぶ。 1919年モスクワに戻りマレービッチシュプレマティスムの影響を受け,抽象画を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リシツキー

ロシアの画家,建築家,デザイナー。本名Lazar' Markovich Lisitskii。スモレンスク近郊のボチノク生れ。マレービチの提唱したシュプレマティズムの運動に参加,1919年より建築的な方向を目指した《プロウン(新しいものの確立計画)》を発表して注目された。
→関連項目チヒョールト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リシツキー【El’ Lisitskii】

1890‐1941
ソ連邦のデザイナー。本名Lazar’ Markovich Lisitskii。スモレンスクに近いポチノクの生れ。ドイツのダルムシュタットで建築を学び,革命後マレービチのもとで絵画から建築への展開を求める〈プロウン(新しいものの確立計画)〉を計画,1922年以降しばしば西欧に行って,ファンドゥースブルフモホリ・ナギアルプら多くの前衛芸術家と交わる。構成主義的なタイポグラフィー,写真を使ったグラフィックデザイン,展示デザインを手がけ,内外のデザイン界・建築界に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リシツキー
りしつきー
Лазарь Маркович Лисицкий Lazar' Markovich Lisitukiy
(1890―1941)

ソ連の画家、建築家。雅号はエリ・リシツキーЭль Лисицкий/El' Lisitskiy。スモレンスク州ボチノク村生まれ。1909~14年ドイツのダルムシュタット工科大学に学び、革命後は一時シャガールが校長を務めたビテブスクの美術学校で教えたこともある。21~25年ドイツおよびスイスに滞在、オランダの「デ・ステイルグループメンバーとなった。20年代にはシュプレマティズムの影響の下、一連の宣伝ポスターを制作した。建築の分野でも活躍し、数々の実験的な設計図を発表したほか、紡績会館(1925)、プラウダ新聞社のコンビナート(1930)などの作品が有名。また書籍の挿絵や装丁、フォトモンタージュなど幅広い活躍を行い、モスクワに没。しかし、第二次世界大戦後の雪どけが訪れるまで、その仕事は正当に評価されず、近年ようやく本格的な研究が始まったところである。[木村 浩]
『阿部公正訳『エル・リシツキー――革命と建築』(1983・彰国社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリシツキーの言及

【環境芸術】より

…しかし,絵画から額縁を取り去り,彫刻から台座を取り除き,建築空間や都市空間のなかに,それら自身を位置づける考えが生まれてきた。これは,1920年代のロシア構成主義や,オランダのデ・ステイルなどから生まれた考え方で,リシツキーやファン・ドゥースブルフの建築・造形観に代表される。その後60年代の芸術運動のなかで,はっきりと〈環境芸術〉という言葉が用いられるようになった。…

【シュプレマティズム】より

…色彩を持つ平面が独立の要素として,エネルギーの経済原則に従った〈経済的幾何学主義〉の名のもとに,新たに時・空間の中で地球と月の間の新しい衛星計画案へと展開した。リシツキーはこれをうけて,19年より〈プロウンPROUN(新しきものの確立のための計画)〉を計画し,スエティンNikolai Mikhailovich Suetin(1897‐1954)やチャシュニクIlia Grigorievich Chashnik(1902‐29)などもそれぞれシュプレマティズムの作品を制作した。シュプレマティズムと20年代の構成主義を含めて,革命前後の前衛的な芸術の動向を指すのに〈ロシア・アバンギャルド〉の語が使われることもある。…

※「リシツキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リシツキーの関連キーワードインダストリアルデザイナーグラフィックデザイナーゲームデザイナーアートデザイナーインディーズデザイナー工業デザイナーデザイナーズブランドプロダクトデザイナーテキスタイル・デザイナーデザイナーズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リシツキーの関連情報