コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リチャード3世 リチャードさんせいRichard III

3件 の用語解説(リチャード3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リチャード3世
リチャードさんせい
Richard III

[生]1452.10.2. フォザリンゲイ城
[没]1485.8.22. ボズワース近郊
イギリスヨーク朝最後のイングランド王(在位 1483~85)。3代ヨークリチャードの第4子で,グロスター公。1470年 3兄クラレンス公とウォリック伯の反乱に際して,長兄エドワード4世に忠誠を尽くし,そのオランダ亡命に従い,翌 1471年帰国後バーネットの戦いやテュークスベリーの戦いで活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャード3世
リチャードさんせい
Richard III

イギリスの劇作家シェークスピアの悲劇。5幕。 1592~93年頃執筆。初版は 97年の四つ折本 (クォート) 。ホリンシェッドの『年代記』 (第2版,1587) その他に材を取り,内容的には『ヘンリー6世』第3部のあとに続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵miniの解説

リチャード3世

15世紀のイングランド王。1452年10月2日、イングランド王国ノーサンプトンシャー生まれ。61年、エドワード4世の弟としてグロスター公爵となる。83年、エドワード5世らを幽閉し、リチャード3世として即位。85年8月22日、後のヘンリー7世との「ボズワースの戦い」において戦死(32歳)。これによりヨーク朝は終わりを告げ、テューダー朝が樹立された。戦死した最後のイングランド王として知られ、1591年初演のシェークスピアによる史劇『リチャード三世』を始めとし、小説・映画などの題材として多数用いられている。2012年にリチャード3世の遺骨が発見され、14年9月には、戦死時、複数の敵により刺し殺されたなど研究結果が発表された。

(2014-9-19)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

リチャード3世の関連キーワード享徳樺太島民の悲劇レオナルド・ダ・ヴィンチ殺人事件数の推移享徳フェルナンド宝徳リチャード新陰流新撰菟玖波集

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リチャード3世の関連情報