コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リチャード3世 リチャードさんせい Richard III

3件 の用語解説(リチャード3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リチャード3世
リチャードさんせい
Richard III

[生]1452.10.2. フォザリンゲイ城
[没]1485.8.22. ボズワース近郊
イギリスヨーク朝最後のイングランド王(在位 1483~85)。3代ヨークリチャードの第4子で,グロスター公。1470年 3兄クラレンス公とウォリック伯の反乱に際して,長兄エドワード4世に忠誠を尽くし,そのオランダ亡命に従い,翌 1471年帰国後バーネットの戦いやテュークスベリーの戦いで活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャード3世
リチャードさんせい
Richard III

イギリスの劇作家シェークスピアの悲劇。5幕。 1592~93年頃執筆。初版は 97年の四つ折本 (クォート) 。ホリンシェッドの『年代記』 (第2版,1587) その他に材を取り,内容的には『ヘンリー6世』第3部のあとに続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

リチャード3世

15世紀のイングランド王。1452年10月2日、イングランド王国ノーサンプトンシャー生まれ。61年、エドワード4世の弟としてグロスター公爵となる。83年、エドワード5世らを幽閉し、リチャード3世として即位。85年8月22日、後のヘンリー7世との「ボズワースの戦い」において戦死(32歳)。これによりヨーク朝は終わりを告げ、テューダー朝が樹立された。戦死した最後のイングランド王として知られ、1591年初演のシェークスピアによる史劇『リチャード三世』を始めとし、小説・映画などの題材として多数用いられている。2012年にリチャード3世の遺骨が発見され、14年9月には、戦死時、複数の敵により刺し殺されたなど研究結果が発表された。

(2014-9-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リチャード3世の関連キーワードアゼルスタンエドガージェームズ1世[スコットランド王]ジェームズ2世ニューイングランド王領ネビルズクロスの戦いフロッドンの戦いマルカム1世インド王妃の遺産イングランド王国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リチャード3世の関連情報