リチャード3世(読み)リチャードさんせい(英語表記)Richard III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リチャード3世
リチャードさんせい
Richard III

[生]1452.10.2. フォザリンゲイ城
[没]1485.8.22. ボズワース近郊
イギリス,ヨーク朝最後のイングランド王(在位 1483~85)。3代ヨーク公リチャードの第4子で,グロスター公。1470年三兄クラレンス公とウォリック伯の反乱に際して,長兄エドワード4世に忠誠を尽くし,そのオランダ亡命に従い,翌 1471年帰国後バーネットの戦いテュークスベリーの戦いで活躍した。1483年エドワード4世が死に,幼王エドワード5世の摂政に指名されると,先王の外戚ウッドビル一族や幼王の側近を排除,先王と王妃エリザベス・ウッドビルの結婚および王子の出生の非合法性を主張し,みずから即位を宣言した。同 1483年7月6日戴冠,8月エドワード5世とその弟のリチャードをロンドン塔で殺害した。10月バッキンガム公の反乱が起こったが,鎮圧。しかし 1485年フランスに亡命中のランカスター系のヘンリー・チューダー(のちのヘンリー7世)がウェールズに上陸,ランカスター家,バッキンガム公,ウッドビル一族およびフランスの支持を得て進撃,リチャードはボズワースの戦い戦死した。

リチャード3世
リチャードさんせい
Richard III

イギリスの劇作家シェークスピアの悲劇。5幕。 1592~93年頃執筆。初版は 97年の四つ折本 (クォート) 。ホリンシェッドの『年代記』 (第2版,1587) その他に材を取り,内容的には『ヘンリー6世』第3部のあとに続く。風貌怪異なグロスター公リチャードは王位への野望に憑かれ,戦乱のなかにのみ自己の存在理由を見出し,陰謀と暴虐の限りを尽す。古い形式のなかに近代的な人間解釈を盛込んだ傑作歴史劇。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵miniの解説

リチャード3世

15世紀のイングランド王。1452年10月2日、イングランド王国ノーサンプトンシャー生まれ。61年、エドワード4世の弟としてグロスター公爵となる。83年、エドワード5世らを幽閉し、リチャード3世として即位。85年8月22日、後のヘンリー7世との「ボズワースの戦い」において戦死(32歳)。これによりヨーク朝は終わりを告げ、テューダー朝が樹立された。戦死した最後のイングランド王として知られ、1591年初演のシェークスピアによる史劇『リチャード三世』を始めとし、小説・映画などの題材として多数用いられている。2012年にリチャード3世の遺骨が発見され、14年9月には、戦死時、複数の敵により刺し殺されたなど研究結果が発表された。

(2014-9-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

367日誕生日大事典の解説

リチャード3世

生年月日:1451年10月2日
イングランド王(在位1483〜85)
1485年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リチャード3世の関連情報