コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リフト・ゾーン リフトゾーンrift zone

岩石学辞典の解説

リフト・ゾーン

大型の楯状火山の山腹に特徴的に見られる細長い割れ目地形で,この地帯に沿って噴火が起こる.幅は数km以下で長さは数10km程度で,山の頂上から側面を通って海面レベル以下まで延びている.リフト帯の表面は噴石丘や熔岩滴丘(spatter cone),スパッター・ランパート(spatter rampart)と火口,熔岩丘,スコリア丘などが線状に見られる.深い部分は無数の岩脈群で占められる[Macdonald & Orr : 1950, Wentworth & Macdonald : 1953,片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

リフト・ゾーンの関連キーワードキラウエア火山エトナ火山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android