コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポ酸 リポサン

5件 の用語解説(リポ酸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リポ‐さん【リポ酸】

硫黄を含む脂肪酸肝臓酵母に多く含まれる、ビタミン様物質の一つ。自然界に存在するα-リポ酸は、ミトコンドリア内でエネルギー産生に関与する補酵素として働く。分子式C8H14O2S2 チオクト酸

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

リポ酸【リポさん】

チオクト酸とも。分子式はC8H14O2S2。融点47.5℃で,有機溶媒に可溶。微生物発育因子で,肝臓や酵母に含まれる。アシル基転移に働く補酵素の一つで,脱水素酵素リシン残基とアミド結合して脱水素酵素複合体分子を形成し,ピルビン酸α‐ケトグルタル酸を脱水素してアセチルCoAまたはスクシニルCoAにするなどの反応に関与する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

リポ酸

 C8H14O2S2 (mw206.33).

 チオクト酸ともいう.ビタミンB群に含める場合があるが,欠乏症状は知られていない.また飼料へ添加した場合効果の報告もない.アシル基転移を触媒するピルビン酸デヒドロゲナーゼなどの補酵素として働く.⇒リポアミド

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リポ酸
りぽさん
lipoic acid

硫黄(いおう)を含んだ脂肪酸で、かつてはチオクト酸とよばれていた。化学式C8H14O2S2、分子量206.32。自然界に存在するのは(+)-α(アルファ)-リポ酸で、黄色葉状結晶。融点46.0~48.0℃。水に不溶で、ベンゼンなどの脂溶性溶媒には可溶。ナトリウム塩は水に可溶。乳酸菌の生育にとって酢酸塩の代用をする成分(acetate replacing factor)またはピルビン酸の脱炭酸反応に必要な成分(ピルビン酸酸化因子pyruvate oxidation factor)として発見された。肝臓と酵母に多く含まれる。これが脂肪によく溶けることからリポ酸とよばれる(lipo=脂肪。水溶性の物質は脂肪には溶けにくいが、脂肪どうしは溶けやすい)。ビタミンB複合体の一つで、ビタミンB1と結合してリポチアミドになり、そのピロリン酸エステルは補酵素として重要な作用をもつ。リポ酸はα-ケト酸の酸化的脱炭酸反応、たとえばピルビン酸から炭酸ガスと酢酸が生成する反応の補酵素として働く。この反応にはいくつかの酵素と補酵素が関与しているが、リポ酸はピルビン酸とビタミンB1(チアミン)からできた活性アルデヒド、すなわちα-オキシエチルチアミンピロリン酸から活性アルデヒドを受け取り、アセチルリポアミドとなる。次にアセチル基は補酵素Aに渡され、アセチル補酵素Aができる。同時にアセチルリポアミドはジヒドロリポアミドとなる。
 リポ酸はジヒドロリポイルアセチル基転移酵素(E2)の特異的リシン側鎖に共有結合している。この補欠分子族(リポアミド)は、長く柔軟なポリペプチド鎖の末端にあるため、酵素複合体のある活性部位から別の活性部位へ移動できる。リポ酸はある種の微生物(原虫)には必要であるが、動物にとっては不可欠ではない。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リポ酸の関連情報