リュクサンブール公園(読み)りゅくさんぶーるこうえん(英語表記)Jardin du Luxembourg

日本大百科全書(ニッポニカ)「リュクサンブール公園」の解説

リュクサンブール公園
りゅくさんぶーるこうえん
Jardin du Luxembourg

パリ市内セーヌ川左岸にある公園。アンリ4世の(きさき)マリ・ド・メディシスが、王の死後リュクサンブール公の邸(やしき)と周辺の土地を買い取り、1615年から10年がかりでつくったのがリュクサンブール宮殿庭園である。建築家はサロモン・ド・ブロスで、フィレンツェのピッティ宮がモデルになった。宮殿はその後たびたび改装され、現在は上院議事堂として使われている。庭園はフランス大革命のときに開放されて公園になり、隣接していた修道院を取り壊して拡張された。この公園は花壇と泉池が非常に美しく、歴代の王妃、著名な女性、芸術家などの像が園内に立ち並んでいる。市街地の真ん中にあり、パリ大学にも近いため、幼児を連れた母親や大学生の憩いの場としてよく利用されている。

[紅山雪夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典「リュクサンブール公園」の解説

リュクサンブールこうえん【リュクサンブール公園】

フランスの首都パリの6区、セーヌ川左岸のサンジェルマンカルチエラタンの間に広がる公園。広さ22.5haと、パリ市内で最も広い面積を持つ公園である。公園内にはあやつり人形の劇場やメリーゴーラウンドポニー騎乗ができる施設、音楽公演が行われているガゼボ広場)、ボート遊びのできる池があり、食事とワインが楽しめるレストランもある。公園北側には、フランス国会の上院(元老院)として使用されているリュクサンブール宮殿がある。また、この公園に隣接して劇場のオデオン座がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉「リュクサンブール公園」の解説

リュクサンブール‐こうえん〔‐コウヱン〕【リュクサンブール公園】

Jardin du Luxembourg》フランス、パリ中央部、セーヌ川の左岸にある公園。17世紀初めにアンリ4世の妃、マリ=ド=メディシスによりリュクサンブール宮殿と庭園が建造され、フランス革命の際、庭園が公園として市民に開放された。宮殿は現在上院議事堂になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android